小型の家庭用フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs LUNA をリリースしました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

家庭用フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs LUNAはプラズマエネルギーにより、家庭のイヤシロチ化の実験を行う装置です。

空間を清々しい波長のエネルギーで満たし、日々の生活の安心感、充実感を増す効果があると考えられます。

ご希望の方には製作を代行させていただきます。

 

 

ケッシュ財団が公開しているMagravs-Power Universal Systemのブループリント(設計図)を参考に自作したものです。

製作代行料は32,800円です。
受注生産でご依頼をいただいてから製作に入り、1ヶ月以内で発送致します。
製作台数によりお待たせする場合もあります。
遅くなるときはあらためてお知らせ致します。

この度は製作代行開始記念として先着10名様は10%OFFの29,520円で製作させて頂きます。
この機会にぜひご利用下さい。
お支払いは銀行振込のほか、ペイパルにてクレジットカードもご利用になれます。
宜しくお願い申し上げます。


Magravは空間のエネルギー、磁場や重力場、そしてまだ人類が発見できていない波動エネルギーに共振共鳴します。
もちろん人間の意思や意識、オーラなどとも共振共鳴をして増幅します。
ポジティブはよりポジティブへ、ネガティブはよりネガティブへ
ポジティブの方はより波動周波数が高い状態になるので、
住環境はイヤシロチ化されてきて、周波数の高い波動に心身ともに共振共鳴して、
ポジティブへと変化していきます。

今回の小型サイズはケッシュ財団のブループリントとはかなり異なる巻き数とサイズですが、
試運転でのエネルギーの強さは標準サイズより強いような氣がします。
省エネという面では1年強かけて実験してみないとわかりませんが、
空間の波動調整では標準サイズに引けは取らないと思います。
検電ドライバーの反応も標準サイズより反応が強くでます。
コンパクトなサイズに凝縮されたといった感じです。

私の主観なので、他の人はまた違う感じ方をするかもしれません。
自分自身に起きることは自分自身の想念が作り上げますので、断言できないのが正直なとこですが、
私の作るMagravに興味をもってくださる方は周波数の近い方と思いますので、
私と同じような効果があると考えています。


仕様

●メインコイル
 外コイル 1/4インチ72巻 1/8インチ72巻
 内コイル 1/4インチ36巻 1/8インチ36巻

●コーティング
 ファイヤーナノコーティング
 CO2-GANS、CuO2-GANS、CH3-GANSの三種混合

●キャパシター
 単キャパシターConfig-4配線

●安全回路
 慣らし運転時の過剰な負荷による発熱や回路破損の防止のため、
 負荷側にヒューズを取り付けてあります。

 ヒューズ:ミニガラス管 2A(AC100W使用時で200Wまで)

  ※取り扱い説明書にある慣らし運転での負荷を超えるとヒューズが切れて
   負荷をかけられなくなります。無負荷での運転は可能です。

●サイズ:W105mm×D70mm×H50mm(コンセント、突起部を除く)

●電源:AC100V 50Hz,60Hz

●付属品:取り扱い説明書、検電ドライバー

Kiha-Magravsの詳細は下記のリンクをご覧下さい。
http://www.passion-ageing.com/fec/kiha-magravs/

●発送時期:受注後、製作を開始し、1ヶ月以内に発送致します。

●ご注意

・実験装置のため、一定の効果を保証するものではございません。
・実験は自己責任でお願い致します。
・工作が苦手な方のために製作を代行するもので、販売ではありません。
 
 

小型Magrav製作記その6

Posted 2件のコメントカテゴリー: Magrav
写真1 小型Magrav

小型のフリーエネルギー実験装置の試作をしています。

フリーエネルギーと言っても無から有を生み出す永久機関ではなく、私たちの意識をより高次元へシフトアップさせるためのお手伝をする空間波動調整装置です。
そのひとつの側面として、省エネ効果が現れてきます。

なんとか形にたりました。

ギリギリサイズのケースに配線しながら組み付けは、超絶技巧でした(笑。
たぶん、ワークショップで一緒に作りましょう!と言っても作れないと思います。

自慢じゃありませんが、私はかなり器用な方で、ここまでケースの選択から内部の構造、加工、組み立てと、全部一人でここまで形に出来るのは尋常ではないと思っています。
と言うよりは、私自身の技能をはるかに超えた何かに操られているぞ!って感じです。
「パペットたっちゃん」ってところでしょうか(笑。

写真2 組み付け前
写真3 組み付け後

写真2は組み付け前の状態。
内部構造とケースの大きさ加減がわかるかと思います。

メインコイル:
外コイル内径3/8インチ、1/8インチ72巻、
内コイル内径3/8インチ、1/8インチ36巻。
ファイヤーナノコーティング、
3種混合GANSコーティング。
3層
キャパシター:単キャパシターConfig-4配線
負荷側に安全装置(125V2Aヒューズ)

 

写真3は組み付け後で、裏蓋を取り付ける前ですね。
組み付け手順を考えなら行わないとケース内に収まりません。

もちろん、一発でうまくいくはずはなく、実際にはなんども組んではバラし、バラしては組んで何度も試行錯誤を繰り返します。
このトライ&エラーが実に楽しく、夢中になっていると、時間も空間も感じなくなるんですね。

写真4 Suicaとのサイズ比較

写真4はSuicaとのサイズ比較です。
Suicaよりひとまわり大きいぐらいですね。
W105mm×D70mm×H50mmとなっています。

テスターで導通チェックをして、実際に壁コンセントに差し込み負荷側のテーブルタップに定格15WのLED電球を繋いでみましたが、特に問題はありません。

検電ドライバーをかざすと普通サイズのMagravと同じように空中にありながらも導通した時のようにLEDが点灯します。

手をかざして感じられるエネルギー状態ですが、普通サイズMagravより強く感じられます。
これは人によってまったく何も感じない人もいるので、なんともいえませんが。

そんなところで、このままコンセントに繋いだままで、しばらく通電や発熱の状態をチェックしたいと思っています。

感謝!氣波 拝。

小型Magrav製作記その5

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

小型のフリーエネルギー実験装置の試作をしています。

フリーエネルギーと言っても無から有を生み出す永久機関ではなく、私たちの意識をより高次元へシフトアップさせるためのお手伝をする空間波動調整装置です。
そのひとつの側面として、省エネ効果が現れてきます。

Magravは5次元的なエネルギーなんて言われているんですが、5次元的って?、高次元へシフトアップって?空間波動調整装置?って一体なんななんだ?
とういうのが正直なところではないでしょうか。

私たちは3次元にいる自我に支配されていますから、5次元と言われても認識できません。
縦横高さ、過去から未来へと流れる時間、5感で認識できる範囲での感覚。
それを超えて理解することはとっても難しい。

難しい言葉を使い、そこに英語を撒き散らすと、なんだか凄く頭が良く、知的に見え、いかにも凄い!って感じがしますが、結局のところ何なのかわからない(笑
特に経済とかマーケットとかビジネス系ではそんなことが多いのではないのでしょうか?
それは私だけかも(笑。

最近気づいたのは、Magravの構造とかコーティングだとか原理だとか一生懸命説明しても、作りたい人は興味がわくけれど、単に使いたい人は全く興味がないってこと。
私は作り手なので使う人が興味のないことを渾身の力を込めて説明するのですが、結局使う人は何をする機械なのか良く分からない。
作り方を広げるのではなく、使う人を広げたいのにね。
たくさんの人に使っていただいてこそ、意味があると思っているのに。

なんだか自分で笑っちゃいます。

さて、余談続きでしたが、この記事は製作記なので、使いたいだけの人には全く必要なないマニアックな内容が続きます(笑。
今日はケースの穴あけをしました。
なかなか位置が決まらず、ケースを1つダメにしてしまいました。
試作段階では良くあることです。
おかげさまでシックリくる位置に決まりました。
壁コンセントに繋ぐ電線を通す穴、
負荷を繋げるテーブルタップの電線を通す穴。
そしてヒューズをつける穴。
全部で3つですね。
見た目のバランス、内部構造との干渉、組み立てやすさ、それぞれが最適な位置になっています。

つづく

感謝!氣波 拝。

バオレゾナンス・セラピー Magrav製作ワークショップのご予約方法変更のお知らせ

Posted コメントするカテゴリー: インフォメーション

バイオレゾナンスセラピー、フリーエネルギー実験装置Magrav製作ワークショップをご利用、ご興味をもって頂き、誠にありがとうございます。

今後の充実のために予約方法の変更を致しましたのでお知らせ致します。


バイオレゾナンス・セラピー

従来通り予約画面よりご予約できますが、1週間前までのご予約とさせていただきます。
1週間以内や緊急でご利用されたい場合は、
お電話、メール、フェイスブックメッセンジャーにて
お問い合わせください。

ご協力お願い申し上げます。

キャンセル料はございません。

 

 

フリーエネルギー実験装置Magrav製作ワークショップ

イベント方式で開催日を決めて募集しておりましたが、マン・ツー・マンでの随時予約とさせて頂きます。

時間:10:00〜18:00 終了時刻はワークの進み具合で多少前後致します。
   昼食は近くの飲食店へ行きます。

場所:東京都西東京市のセラピールーム兼工房

   西武池袋線保谷駅より徒歩5分

予約画面から空いている日でご都合の良い日程を選んでください。

ワークショップの準備がありますので、1週間前までの予約とさせて頂きます。

キャンセル料はございません。

 

 

以上、よろしくお願い申し上げます。

感謝!氣波 拝。

小型Magrav製作記その4

Posted コメントするカテゴリー: Magrav
写真1 内部構造

小型のフリーエネルギー実験装置の試作をしています。
フリーエネルギーと言っても無から有を生み出す永久機関ではなく、私たちの意識をより高次元へシフトアップさせるためのお手伝をする空間波動調整装置です。
「高次元へシフトアップしたからってどうなのよ?」という疑問があると思いますが、高次元の意識とは「悟り」のことだと思っています。

写真1は前回作った櫓にメインコイルとキャパシターをセットしました。
なんだかいい感じですね。

写真2 組み立て前のコイル
写真3 手のひらに乗るサイズ

写真2は櫓を組む前のものです。
メインコイルのセンターにあるガンズコンテナはちょうど良いサイズの容器がなかったので、CO2-GANS粉末+麻炭+クリスタルパウダーをUVレジンで固めたものです。

小型といってもサイズ感がイマイチわかりにくですよね。
写真3は組み立て櫓を手のひらに乗せたものです。

私の手はやや大きめです(笑。
この状態で手のひらになにかのエネルギーがジンジンと感じますよ。

ケースは櫓ベースより一回り大きいW105mm×D70mm×H50mmのものを準備しています。

つづく。

感謝!氣波 拝。

 

氣波家2017年4月の消費電力

Posted コメントするカテゴリー: Magrav氣波家の消費電力

ケッシュ財団が無料で公開しているプラズマ装置(フリーエネルギー装置)のブループリントを基に自作し、実験を楽しんでいます。

さて、東京電力から4月の電気消費量のお知らせ(検針票)が来ました。
2017年4月の電力消費量は前年比で-29.4%、過去最高ダウンです\(^o^)/

氣波家消費電力の推移
2017年4月:312Kw(緑グラフ)
2016年4月:422Kw(赤グラフ)
前年差異:-130KW
前年比 :-29.4% (今年-前年)/前年

ということで、今月も省エネとなりました。
前月の削減率が少なかったのでちょっと心配をしていましたが、30%減に迫るほどになりました。
ホットしています(笑

Kiha-Magravs TERRA
Kiha-Magravs-SMART

今月はHybrid Magrav Generator v1の要素を取り入れたKiha-Magravs TERRA と、携帯タイプのKiha-Magravs SMARTをリリースしました。

Kiha-Magravs TERRAの試作品も我が家に仕掛けましたので、合計4台のMagravが稼働しています。
また来月がたのしみですね。

Magravはフリーエネルギーや省エネ装置と思われがちで、今日のブログでも消費電力に着目していますが、省エネ化は一部の現象にしかすぎないと思っています。
Magravが扱うプラズマエネルギーは3次元の物理次元だけではではなく、

5次元、さらに高次の意識とつながっていて、
私たちをさらなる意識へ変容させるということです。
Magravは扱う人の意識を増幅する特性があると考えられます。

ポジティブ思考の人はよりポジテティブへ、ネガティブな人はよりネガティブへ。
ボジティブとネガティブは意識の周波数が高いか低いかの周波数の違いでしかありません。
人それぞれの好みの問題ですので、どちらが良くてどちらが悪いということもありません。
ポジティブな意識の人は幸福やワクワク感の愛と光のエネルギーが好きですし、
ネガテイブな人は恐怖や不安にかられ、搾取されたり、妨害されたり、支配されるが好きな人です。
どちらにしろ、その人にとっては好きな方向ですので、まったく問題はありません。

私はすでにアセンションが完了した地球の波動にあわせるためにデトックスが始まった感じでしたが、ここのところ落ち着いて体調も回復してきました。
ご心配をしていただきありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

 

携帯用フリーエネルギー実験装置Kiha-Magravs SMARTの製作代行を始めます。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

携帯用フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs SMARTは周囲の電磁波の軽減やイヤシロチフィールドを作るMagravです。


バックやポケットに入れて持ち歩くことができます。
使用する人の意識により効果が異なります。

ケッシュ財団が公開しているMagravs-Power Universal Systemのブループリント(設計図)を参考にハンドメイドで自作したものです。

製作代行料は19,800円です。
受注生産でご依頼をいただいてから製作に入り、約1週間で発送、最短で3日で発送致します。
製作台数によりお待たせする場合もあります。
遅くなるときはあらためてお知らせ致します。

この度は製作代行開始記念として先着10名様は10%OFFの17,820円で製作させて頂きます。
この機会にぜひご利用下さい。
お支払いは銀行振込のほか、ペイパルにてクレジットカードもご利用になれます。
宜しくお願い申し上げます。


仕様

●サイズ

 W115mm × D69mm × H19.5mm

●メインコイル

 ・1/4インチ72巻 1/8インチ72巻
 ・1/4インチ36巻 1/8インチ36巻
 ・単層

●コーティング

 ・ファイヤーナノコーティング
 ・CO2-GANS+CuO2-GANS+CH3-GANSの
  3種混合GANSコーティング

●キャパシター

 ・コイル部:φ1,6mmファイヤーナノコーティング銅線
  内径1/4インチ、18巻
 ・芯線部:φ1,6mm3本縒ファイヤーナノコーティング銅線
 ・絶縁部:CO2-GANS+麻炭+クリスタルパウダー混合
      誘電性シリコングリス塗布シリコンペーパー
 ・アルミ被覆部:CO2-GANS+CuO2-GANS+CH3-GANS+
      麻炭+クリスタルパウダー混合
      誘電性シリコングリス塗布アルミホイル

 ・回路:1本直列接続

●ガンズコンテナ

 CO2-GANS+麻炭+クリスタルパウダー混合 UVレジン製

●単4電池2本使用

●受注生産

 受注後、製作を開始し、1ヶ月以内に発送致します。


そのほかのKiha-Magravsシリースはこちらからどうぞ

感謝!氣波 拝。

小型Magrav製作記その3

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

小型のフリーエネルギー実験装置の試作をしています。
フリーエネルギーと言っても無から有を生み出す永久機関ではなく、私たちの意識をより高次元へシフトアップさせるためのお手伝をする空間波動調整装置です。

写真1 小型Magrav 櫓&ケース

その一端として省エネ効果が出ることがあります。
我が家の消費電力は月によって変わりますが、前年比で13〜26%減になっています。

私はこの一連の装置を製作し共振共鳴する方に使って頂くことによって世界人類が、動物も、植物も、鉱物も、山も川も海も、大気も地球全体が慈愛に溢れた平和な世界になるよう活動しています。
さて、小型の装置ですが、ケッシュ財団が無料で公開しているブループリント(設計図)に載っている仕様の約半分の構造のものにチャレンジしています。

今回はメインコイルやキャパシターを取り付ける櫓とケースです。
写真1のようになります。
小さなコイルなのでケースも小さくすることができます。
ケースのサイズは
W105mm×D70mm×H50mm

写真2はメインコイルとキャパシターを取り付けるベースボード。
この辺は先日リリースしたKiha-Magravs TERRA と同じ手法で、
CADを使って設計して図面を印刷、ポリプロピレンシートに貼り付けて切り出しています。
写真3はベースボードの間にスペーサーを入れて櫓にしたものです。
標準のMagravのブループリント(設計図)ではコイル間の感覚は25mmになっています。
が、厳密に合わせなくても良いようです。
以前ケッシュから直接Magravを購入した方が分解して写真をフェイスブックに載せてくださった方がいらっしゃて大変参考になりました。
ありがとうございました。
その写真をみると、そう見ても25mmではなく、もっと広かった。
なので、まぁまぁのところで良いのかな?ってところです。
ちなみに、スケルトンタイプのKiha-Magravs SUBARUは27mm。
Kiha-Magravs TERRAと自動車用のVEHICLEは26mmです。
支柱は電子部品でプリント基盤をささえるためのスペーサーを利用しています。
今回の小型タイプでは約半分がコンセプトなので、市販されている一番近いスペーサーで
12.7mmのものをチョイスしましした。

写真2 ベースボード
写真3 櫓

私のマインドちゃんは「小さいのでイヤシロチ化や省エネ効果が出るかどうかはやってみなければ分かりません」と疑問視していますが、内なる神に聞いてみると、「大丈夫!OK牧場!バッチグー(^-^)」と自信を持っているようです(笑。

感謝!氣波 拝。

 

サレンダーだよ人生は

Posted コメントするカテゴリー: キハのさんぽ道
最近女子力が高まっている氣波です(笑。
昨日スタジオニュートラルの田村まゆみさんのお話会に参加しました。

2ヶ月ぶりにお会いして、バーグさんにもお会いできて嬉しかったです。
そして参加してくださったみなさまとも新しいご縁ができて感謝です。
 
昨日のマシンガンのようなトーク(笑)の中で特にピピッときたことをご紹介します。
 
まずはサレンダーのお話です。じゃありませんよ。
糖尿病の影響で10Kg痩せた私ですが、全然スレンダーじゃありません。
おっと、サレンダーでした。
サレンダーをググッてみると「引き渡す、明け渡す、降参する、自首する、手渡す、譲る、放棄する、身を任せる、おぼれる、ふける」
こんな意味合いがあります。
私たちの目の前に起きることは自分の意思で起こしていると思っていますが、実は宇宙の調和の中で最高最善に起きているので、自分のエゴでごちゃごちゃ考えないで、起きることを受け入れて生きていくことで、宇宙の心理にそった生き方ができます。
といった考え方です。

実は私、この生き方を目指していますが、なかなか勇気が入りますよね。
もともとエゴと物欲万歳な理系な私ですから、とてもサレンダーなんて受け入れ難かったんですが、
あるとき脳科学の本を読んでいて衝撃が走ったんです。
自分の行動は脳が認知するより先き起きていて、それを脳が自分がやったと勘違いしている。
えっ?そうなの?
と言うことは、起きることは決まっていて、やらされているんだーーー!とさらにショックです。
誰にやらさているの?
それ考えると眠れなくなっちゃいますよね。
地下鉄の電車をどこから入れたか考えるより難しい。

こう考えることにしたんです。
自分の意思も波動ですので、操っている人にも届くんです。
操っていいる人を仮に「神さま」と呼びましょう。
神さまは私の意思も宇宙の大きな調和の中に入れてくれて、起こることがやってくる。
決して神さまの独断と偏見で起きているわけじゃなくて、私の意見も入れて一番ベストで一番ナイスなタイミングで起こるんだよ。
ってね。
 
面白そうなのでこの本を読んで見ようと、アマゾンでポチッとしました。
何気にアマゾンのヘビーユーザーです。黒猫さんありがとう。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/493893986X/
 
 もう一つは煎餅じいいさんのお話。
「宇宙のことや難しいことはよくわかんねぇけど、稲が喉乾いたってきこえるんだべ〜・・・」
という話です。
私はフリーエネルギー装置の実験なんかやっていて、尋常じゃない理論で動く機器ですから、
いかにそれをわかりやすく説明しようと努力します。
ところが、根が理系なもんですから、ドンドン難しく頭でっかちになってしまいます。
かといって宇宙意識がとか、5次元の波動が・・・。といってもさらにわからなくなってしまします。
煎餅爺さんのように、「難しいことはよくわかんないど感じるんだよね〜」
これがちょうど良いのかも。
車だってオートマッツクトランスミッションのギヤが何枚あるかわからなくても車は運転できますよね。
フリーエネルギー装置もそんなスタンスで説明できたら良いなと思っています。
 
昨日のお話会からの感想でした。
田村まゆみさんは毎週日曜日の午後8時からトークライブを行なっています。
スタジオニュートラルより愛を込めて
また、YouTubeに録画もありますので、ぜひご覧ください。
普段の生活の中で大きなヒントになると思いますよ。
 
下記のリンクは2017年4月23日お話会の後の放送の録画です。
サレンダーのお話、煎餅爺さんのお話もされていますので、ご覧ください。

サレンダーのお話:48分07秒ぐらいから

煎餅爺さんのお話:1時間08分20秒ぐらいから 
 
まゆみさん、バーグさん、ご参加のみなさま、
ありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

 

ポケットサイズのMagrav?

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

コイルの巻き数ハーフザイズの小型Magravの試作をしている途中で、
ふっと思い立ったのが、このポケットサイズMagravです。

Kiha-Magravs Pocket 試作品 内部

3/8インチ、1/8インチ72巻きの外コイル
3/8インチ、1/8インチ36巻きの内コイル
単層メインコイルにキャパシターがひとつ。
回路は自動車用です。
自動車の場合はDC12Vの直流がつながりますが、
このポケットサイズMagravは単4電池×2本のDC3Vが入ります。
メインコイルのセンターにガンズコンテナを入れようと思っているのですが、まだ材料が手元に届いていないので、これからです。
ケースのサイズはW115mm×D69mm×H19.5mm

コンデンサーは直流を遮断し、交流を通すという特性があります。
Magravのキャパシターも電気的にはコンデンサーと同じ構造でので、直流を遮断し、交流を通すという特性があります。

自動車用MagravやこのポケットサイズMagravは電源とコイルの間に直列に入り、電源は直流ですので、通常の状態では電気は流れません。
なんらかの現象でコイルが交流電流を拾った時だけ共振して電源からの電流が流れることになります。
たぶん、この作用で電磁波などを軽減させていると考えられますが、Magravはプラズマ的機器ですので、高次元の波動に共鳴するMagravはどのような効果が出るのかは未知数です。
もっぱら近距離のイヤシロチ化で、省エネ機能はないといったところで、

Kiha-Magravs VEHICLEPlasma Helth Penや現在開発中のMeditation Stickの中間的なアイテムとなるでしょう。

Kiha-Magravs Pocket 試作品 上部
Kiha-Magravs Pocket 試作品 底部

今のところ手をかざしてみると、なんらかのエネルギーは感じられます。
私の個人的な感覚ですが。
しばらくは煙や火が出ないか、電池の消耗度合い、感覚的なプラズマエネルギーの具合などのテストをしたいと思います。

感謝!氣波 拝。