新キャパシターを作りました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

ケッシュ財団が無料で公開しているプラズマ装置(フリーエネルギー装置)のブループリントを基に自作し、実験を楽しんでいます。

Hybrid Magrav Generator v1のブループリントに準拠したキャパシターの試作を行いました。

新キャパシター(Kiha-Capacitor Ver.4)

写真はギボシ端子をつけていますが、テストのためで、実際使用するキャパシターには、
ギボシ端子はついていません。

静電容量:0.16nF
発生電圧:計測不能
AC100VのHot-Cold間でショートなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造的にはブループリントとちょっと違いますが、準拠ということで。

 

静電容量:0.16nF
電圧:0V→-199.9V→0Vを繰り返す。

ちなみに使っているこのオートレンジのテスターはプローブだけをつけて、計測するものをつけない状態で計測しても同じ結果になります。
ということは、新キャパシターの計測ができていないか、計測対象物がない時と全く同じということになります。

もしかしたら、計測方法が間違っているのかもしれません。
というのも、ナノコートした銅線にテスターをつないで、導通テストをすと絶縁になります。また、抵抗値を測ると数値がフラフラと大きく振れ読み取れません。
これはナノコートの特徴ですね。

そこにテスターのプローブを当て計測してもどうしたものかなと。

Magravとして回路上に組み込むときもブループリントではナノコートした銅線を使います。
そのことを考えるとこの電気的(エレクトリック)な計測でキャパシターの性能を語るのは果たして適切なのか?

という疑問が湧いてきますが、それ以外に方法がなかったりもします。
Magravはプラズマティックな機器ですから、なんともいえないところです。

Magrav自体もメインコイルとキャパシターの共振回路になります。
電気的には、メインコイルのインダクタンスとキャパシターの静電容量で共振周波数が決まります。
キャパシターの静電容量はどのへんの周波数に共鳴させるがで決まるので、容量が大きいほうが良いとか、個数が多いと良いとかの問題ではありません。
では、Magravとしては何Hzに共振させるのが適正なのかを考えると良いのでしょうけど、
これも電気的なお話なので、プラズマ的になると全く違う特性になるのかな?と思いつつ、
電気的な数値もプラズマ的な性能の一部と考えると、だんだん訳がわからなくなってきます。
この文章も何を言いたいのか解らなくなっています(笑。

とりあえす、新キャパシターを実際にAC100Vに突っ込んでブレーカーが落ちないということは、Config1,2,4で使用しても大丈夫ということがわかりました。

感謝!氣波 拝。

氣波家2017年1月の消費電力

Posted コメントするカテゴリー: Magrav氣波家の消費電力

ケッシュ財団が無料で公開しているプラズマ装置(フリーエネルギー装置)のブループリントを基に自作し、実験を楽しんでいます。

さて、東京電力から12月の電気代の請求書が来ました。
2017年1月の電力消費量はダウンです\(^o^)/

2017年1月:647Kw(緑グラフ)
2016年1月:713Kw(赤グラフ)
前年差異:-66Kw
前年比 :-9.3% (今年-前年)/前年

ということで、省エネとなりました。
寒い日が多く、ホットカーペットや電気ストーブもガンガンつかったのですが、
思っていたより消費電力が伸びません。
来月は1年でももっとも寒い付きですが、
この調子で省エネ効果を発揮して欲しいものです。
我が家も徐々にMagrav効果が出てきたようです。

Magravに接するに当たってひとつ大切なことがあります。
それは、Magravが扱うプラズマエネルギーは3次元の物理次元だけではではなく、
5次元、さらに高次の意識とつながっていて、
私たちをさらなる高次の意識へ変容させる
ということです。
そして、これから目指したいという人が、それにふさわしい意識を持っている人だけが
手にすることができ、Magravと共に高次の波動の地球へアセンションすると考えています。
まだ意識的な準備のできていない人や、
単に省エネルギー効果だけに着目し、
対費用効果のみを追求する人は、Magravは手に入れられません。
何らかの形でワークショップに参加できなかったり、製作代行の依頼ができなかったりするでしょう。
たとえ何らかの形で入手したとしても、思うようなMagravの効果は得られないかと思いますので、
ご了承ください。

高次の意識への変容の準備ができた方、私と一緒にMagravの実験をしませんか?

●フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs製作ワークショップ
 東京都西東京市 自宅工房にて 定員3名の少人数制
 下記の開催日以外でも、リクエストくだされば日程調整をして
 お一人から開催致します。

 Vol.18 2/12(日)
 http://www.reservestock.jp/events/161295

Vol.19 2/25(土)
 http://www.reservestock.jp/events/167096

Vol.20 3/19(日)
 http://www.reservestock.jp/events/167097

●フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs 製作代行
 http://www.reservestock.jp/stores/index/1802?category_id=1714

●みんなの広場 コラボ企画
 フリーエネルギー・プラズマ装置 『 MAGRAVS 』 製作実験ワークショップ with クリスタルボウル Vol.9 」 in 岐阜古民家
 http://minanohiroba.com/?pid=111586274

※講師として、日本全国出張致します。ご相談ください

感謝!氣波 拝。

Kiha-Magravsガイアの試作開始。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

Hybrid Magrav Generator v1のブループリントを参考に時期バージョンのKiha-Magravsガイアの試作を開始しました。

CuO、CO2、CH3の三種類のガンズをそれぞれのメインコイルの各層に別々にコーテイングです。

キャパシターはブループリントに準拠しようと思っていますが、私の見る限り、ブループリントの図と解説と写真がどうも違うようで、どうしようか思案中です。

そしてキャパシターの回路についても、Config-2の4並列?のようですが、???がいっぱいで、
今のところ、Config-4でいこうかなと思っています。

ジェネレーターとしてはコンプレッサータイプの冷蔵庫を2台つなぎ、
スターター回路ではMagravからの交流を直流12Vに変換し、その直流12Vでモーターを回し交流100vに変換してMagravにもどしています。
なぜこのような回りくどいことをやっているのか、とても疑問ですが、これでジェネレーター化ができ、ブループリントを公開したのですら、何らかの意味があるのでしょう。
Hybrid Magrav Generator v1、「v1」とついているので、v2とかあるのかなぁと勝手な予想をしています。(笑。

Kiha-Magravsガイアは Magrav Generatorというよりは、ON-GRID Magravs-Power Universal Systemのバージョンアップ版といったところになりそうです。

【追記】
世界中でHybrid Magrav Generator v1のブループリントで、まだジェネレータ化は成功していないようですよ。

感謝!氣波 拝。

食べ過ぎにご注意!!

Posted コメントするカテゴリー: キハのさんぽ道

毎月歌のボランティアに行っている高齢者福祉施設で、今日は絵手紙講師のボランティアです。

201701182

こちらはご利用者の作品。

左は玉ねぎ、右はバナナです。

味わい深いですね。

絵に添えた一言も、極普通の言葉ですが、

書いている姿をみると、なんとも人生の深みが伝わってきます。

食部すぎにご注意!

ご本人曰く、「みかんを食べすぎると手が黄色くなるのよね。」と笑顔ではなしてくださいました。

と言いつつも、これは私に対しての愛の言葉か?!

充実した時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

秋山佳胤先生の不食の講演会に参加しました。

Posted コメントするカテゴリー: キハのさんぽ道

秋山佳胤先生をご存じでしょうか?
東京工業大学卒業の弁護士さんなのですが、実は食べなくても良い人なんです。
「人」ではなく「宇宙人」かもしれません。

201701151

一般的には「不食」と呼ばれていますが、その実は「プラーナ食」といいます。

全く何も食べない訳ではなく、「プラーナ」を食します。

プラーナとはインドのアユーユルベーダで空間にあるエネルギーことで、日本だと「氣」に相当するエネルギーです。

私の作るフリーエネルギー装置Magravもプラーナを呼吸し、住環境のイヤシロチ化する装置です。
もしかしてMagravを設置してプラーナを呼吸する住環境が進んできたら、プラーナ食をしやすくなるかもしれませんね。ワクワク。

それはさて置いて、

私たち人間のエネルギー元は食事で賄われていますが、その食材は、

プラーナ
 ↓
植物(光合成)→人間
 ↓
草食動物→人間
 ↓
肉食動物→人間

このように動植物を介してプラーナを取り込みエネルギーにしていますが、
プラーナ食では、

プラーナ→人間

動植物を介さず直接プラーナを取り込みます。

とても合理的ですね。
しかも、食物を消化するためのエネルギーも使わなくていいし、
食費もかなり助かります(笑。
このような体質になるには、ピュアな愛に満ちた魂になることで実現できるのかなぁと、
秋山先生を見ていてそう感じました。
私は昨年秋山先生とお会いしてから1食減らし1日2食にしているのですが、
写真の通りお相撲さん体型はかわりません。
その実は、主食は減っても間食が多いのかなと・・・。
イヤイヤ、プラーナの食べ過ぎと言っておきましょう(笑。

公演とその後の懇親会での秋山先生のお話で、私の心に響いた言葉をご紹介します。
先生の言葉通りではありませんが、私なりに要約したものです。

食べちゃいけないってことではないんでよ。
命に感謝して、光にして頂けば良いんです。
わたしたちの食べる食品には、食品添加物などもたくさん入っていますが、
今の地球では避けることはできません。
たとえ添加物が入っていたとしても、その素は命がやどる食物なんです。
添加物が入っていているものは悪いものだというところに意識するのではなく、
食物になって命を提供してくれた動植物に感謝して頂くことが大切です。
感謝し、光になることをイメージしてから食することで、
添加物の有害なところはエネルギー的に浄化されます。

感謝!氣波 拝。

今年初めてのMagravワークショップを行いました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

2017年初めてのMagravワークショップを行いました。

みんなの広場の野村節子さんとのコラボワークショップです。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

201701091

節子さんとのワークショップの特徴は、Magravを組み立てる前にクリスタルボウルの演奏で場(空間)の波動調整を行ってから組み立てを行うところです。

クリスタルボウルからの音の波動は、場のと調整だけではなく、私たちの心身の調整もしてくれます。

また、Magravは約3時間で組み立てられるよう、難しいとことは私の方であらかじめ製作をしてあり、最後の配線のところを行って頂きます。
また、工具も用意してありますので、手ぶらで参加できます。
組み立てたMagravはお持ち帰りいただき、イヤシロチ化や省エネ化の実験をしていただけます。

Magravでのイヤシロチか化や省エネ化にご興味のある方は、ぜひご参加をご検討ください。

みんなの広場野村節子さんとの今後のワークショップの予定です。

2月5日(日)13:30~16:30
「 フリーエネルギー・プラズマ装置 『 MAGRAVS 』 製作実験ワークショップ with クリスタルボウル Vol.9 」 in 岐阜古民家

ケッシュ財団の『 Magrav Universal System Config-4 』 に準拠したもの(Kiha-magravsすばる7)

◆3月12日(日)13:30~16:30

「 『 満月の日 』フリーエネルギー装置『 MAGRAVS 』 製作実験ワークショップ with クリスタルボウル Vol.10 」in ▲ピラミッドセンター
 ケッシュ財団の『Hybrid Magrav Generator v1』 に準拠したもの(Kiha-Magravsガイア1)

どうぞよろしくお願いいたします。

感謝!氣波 拝。

迎春〜Passion Ageing Inc.今年の指針

Posted コメントするカテゴリー: インフォメーション

明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

%e6%b0%a3%e6%b3%a2

今年に入ってなんとなく浮かんできたのが、
「心」「技」「体」というイメージです。

私の体型がお相撲さんに似ているからでしょうか?(笑。

心・技・体と分類され、それぞれのアプローチの方法は違うのですが、
どれも波動共鳴というテーマで繋がっています。
これら3つを通して地球人類のアセンションをサポートするのが私の使命です。
自分自身がポジティブ思考の次元の世界に移るのか、ネガテブ思考の次元の世界に移るのか、どちらの世界に移行しても個人の好みですかから、どちらが良くてどちらが悪いというこはありませんが、私の使命はポジティブ思考の世界に移行することを後押しすることです。
昨年在日宇宙人であることが発覚したのですが、どうやら宇宙連盟というところから派遣されているようです。確証はないのですが(笑。

脱サラをする前、鬱状態から脱出しようともがいている時に出会ったのがバシャールという宇宙人からのメッセージで、今も私の基本となっています。
簡単にいうと、「自分のワクワクすることをしましょうね」という一見自己中とも思えるメッセージなんですが、色々と勉強するとこれがまた深いんです。
今までは宗教とか哲学いう枠組みで捉えられていたことも、宇宙人からのメーッセージという視点だと、とっても愉快で怪しさ倍増ワクワクです(笑。
昨年はインターネットTV「波動の天恵doga」や「Magrav波動カフェ」を通じて行なってきたのですが、今年はその進化型を考えてたいと思っています。

昨年から始まり、今年2年目となるフリーエネルギー実験装置です。
ケッシュ財団が発表しているブループリントを基に製作をしています。
空間に無限にあるプラズマエネルギーが電気エネルギーの代わりをして
省エネ効果をもたらす装置です。
プラズマエネルギーは電気以外の私たちが未だ測定できない宇宙のエネルギー全体のことを言っているので、省エネ効果は全体の一部現象でしかありません。
その全容は計り知れないものでしょう。
今年の指針です。
Magravのワークショップや製作代行は、 Hybrid Magrav Generator v1をベースにしたものへ移行。
自動車用Magravの製作代行の開始。
心身の健康を目的としたプラズマアクセサリーの開発。

今年3年目に入るバイオレゾナンス・セラピーは次世代の健康管理方法です。
私たちの身体の各臓器や血液やホルモン、遺伝子など、身体を構成するものは、
全てその構造と機能特有の波形と固有振動数で振動しています。
健康状態の変化とともに振動が変化しますが、その変化を音の共振共鳴を使って健康状態を予測しトリートメントを行うのがバイオレゾナンス・セラピーです。
今年はもっと色々な方に分かりやすく知っていただく活動をしたいなと思っています。
良いものでも、皆さんに利用していただかなければ、ないのと同じですから。
また、レゾナンスアクセサリーなんてものを考えているのですが、まだ頭の中なので、どうなることやら。

 

ということで、今年の指針でした。

本年も宜しくお願い申し上げます。

感謝!氣波 拝。