氣波家の2016年10月の消費電力

Posted コメントするカテゴリー: Magrav氣波家の消費電力

イタリアのケッシュ財団が無料で公開しているプラズマ装置(フリーエネルギー装置)のブループリントを基に自作し、実験を楽しんでいます。

20161025-1さて、東京電力から10月の電気代の請求書が来ました。
10月の電力消費量はダウンです\(^o^)/

2015年10月: 389KW
2016年10月 :255KW
2016年09月: 272KW

前年差異 -17W
前年比  6.3%
前月差異 -134
前月比  52.5%

グラブの青の棒が昨年の2015年、赤の棒が2016年今年です。

グラフの傾向を見ると昨年9月の電力消費量がイレギュラーだったような気がします。
感覚的には昨年よりかなり電力を使っているので、Magravsすばるの省エネ効果があったということにしましょう。

これから寒くなり、氣波家はホットカーペットが活躍する季節に入って来ました。
ホットカーペットの上にちゃぶ台を置き毛布をかける。
ほっかほかで中に入ると出られなくなり、「ブラックホール」と呼ばれています(笑。

あなたもMagravで省エネ実験を行なってみませんか?

●フリーエネルギーMagrav説明会

学べるベジカフェ ∞ フリーエネルギーとロースイーツ
開催いたします。

●ワークショップのご案内

11月6日(日)東京都多摩市
みんなの広場コラボワークショップ
詳細・お申し込み:http://minanohiroba.com/?pid=107699961
※キャパシターの配線は電気的に安全なConfig-3で行います。

11月13日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
11月20日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
12月 4日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
詳細・お申し込み:http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/3639
※キャパシターの配線はハイパフォーマンスのConfig-4で行います。

フリエネ倶楽部 今週もワークショップでした。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

プラズマ装置Magravの省エネ実験をしています。
この大いなる実験に参加したい方の為に、組み立てワークショップとワークショップに参加できない方のための製作代行を行っています。

先週の日曜日にワークショップを行い、参加してくださった佐々木夢亜さんとのコラボ企画も決まりました。
こちらの方はまた別にご案内しますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週は以前ワークショップに参加してくださった算命学の白鳥スワン先生のお弟子さん2名が参加して下さいました。

スワン先生はどうやらMagravを手にしてからパワーアップして、家中のパワーバランスがどんどん良くなり、パワーアップしたと!
そんなお話を聞いて飛んできたお二人でした。

前回のワークショップからは、プラズマエネルギーを安定化させるキャパシターという部品の接続方法を変更し、よりパワーアップしたとともに、今後展開されると思われるジェネレーターシステム(フリーエネルギー発電システム)に対応できるようにバージョンアップしたConfig-4というタイプにしました。

このConfig-4はキャパシターが3個多く、配線も複雑です。
合計6個のキャパシターをケース内に収めるべく、設計に工夫を凝らた結果、前回のワークショップでは組み立てがかなり複雑で難しくなってしまいました。

これはいかんということで、今回はさらに設計変更をしたもので行いました。

それでも結構難しかったようでで、特に圧着ペンチを使ってコイル状のコネクターをかしめる作業は大変そうでした。

日常生活で主婦が圧着ペンチを使うことはまずありませんからね(笑。
いつも自分でやっているとそれが”普通”になってしまい、他の人も普通にできると思ってしまいます。

部品の配置はこれで良いと思いますので、結線の方法を工夫し、次のワークショップに挑もうと思っています。

それにしても、無事完成してよかったです。
スワン先生のようにパワーアップできるといいですね。
ご参加ありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

 

●ワークショップのご案内

11月6日(日)東京都多摩市
みんなの広場コラボワークショップ
詳細・お申し込み:http://minanohiroba.com/?pid=107699961
※キャパシターの配線は電気的に安全なConfig-3で行います。

11月13日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
11月20日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
12月 4日(日)東京都西東京市 フリエネ倶楽部工房
詳細・お申し込み:http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/3639
※キャパシターの配線はハイパフォーマンスのConfig-4で行います。

フリエネ倶楽部 Magravsすばるのワークショップを行いました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

自宅工房でのプラズマ装置Magravのワークショップを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今のバーションVer.6(Config-4)になってからの初めてのワークショップです。

今日の参加者はお一人でじっくりと時間をかけることができました。

複数人参加されるワークショップでは出来ない細かいところも体験していただけましたので、有意義な時間を過ごすことができました。

狭いスペースにCapacitorを6本詰め込みますので、配線がとても難しい!
今後の課題ですね。

参加者が複数だったら絶対に時間内で終わりそうにありません。
でもやっぱり、Config-4はパワーが強いですね。
ケース設計を見直してもう少し簡単に組み立てができるように再検討です。

ご参加くださりありがとうございました。

今後のワークショップの予定はこちらからご確認ください。
よろしくお願いいたします。
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/3639

感謝!氣波 拝。

ネイチャーランド・オム 稲刈り体験2016

Posted コメントするカテゴリー: キハのさんぽ道

今年もネイチャーランド・オムの稲刈り体験&食事会に参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は恵みの雨に恵まれ、大幅に予定変更。
その分、落ち着いた古民家で都会の雑踏から離れゆっくりとした時間を過ごす事ができました。

天候のおかげで養老の森の昆虫観察会にも同行させて頂き、東京大学名誉教授の養老猛司先生の講話も聞く事ができました。

観察会を案内をして下さった先生がたはシニア世代ですが、少年のような目をして、強力なワクワクオーラが出ていました。
「オタク」とか「マニア」なんかはまだまだだぜ!
なんて聞こえてくるようなオーラです。
分野は違いますが、私の目指す生き方のお手本のようです。

 

 

om_ine_2016_133夜の森ハイキングは夕暮れどきに。
昼と夜の狭間で幻想的です。
降っていたいた雨も上がり、とてもラッキーです。
今回は途中でフェイスブックのライブ配信をしてみました。
日が暮れてからは、お月さまもくっきり出て思ったより明るかったです。
普段の夜は照明の下にいますが、月明かりと星の明かりだけの夜。
素敵です。
私はフリーエネルギーを研究していますが、太陽と共に働き、月と共に安やぐ、そんな生活スタイルが、エコだとか、省エネだとか、フリーエネルギーだとか、ややこしいことをやらなくてもよい本来の姿ではないのかと思います。

最終日のギリギリのタイミングで稲刈り体験をする事ができました。
何だか神様の仕組んだ演出のようです。
稔りの風景は大自然の力を借りて人間がおりなす絶景です。
人間の営みがいとおしく感じられます。

 

om_ine_2016_189オムの農業体験イベントで顔を合わせるおなじみさんもいれば、今回初めてご縁を頂く方もいます。

大自然の中での様々な人との交流は、普段都会で行っているビジネス購入会やランチ会とはまたひと味ちがい、自分を演出せず、自然体で接することができます。

そして、東京で再び会ったりすると、たまらなく嬉しいですね。

今度は東京で新米を使ったイベントですね。
楽しみにしています。
主催のネイチャーランド・オムの大田さん、料理を提供してくださったゆらびキッチンの石崎さん、
そしてご参加の皆様、充実した時間をありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

 

フリエネ倶楽部  Hybrid Magrav Generator v1試作に向けて

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

ケッシュ財団でHybrid Magrav Generator v1のブループリントの発表がありました。
発表から約2ヶ月たしました。
Generator=発電機。いよいよ省エネから発電の領域に入ってきましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブループリントを見るとコンプレッサーが2台とかスターター回路が複雑だたりとか、結構敷居が高いですが、まずは、プループリントに基づいて、1台製作してみようと思います。

ジェネレーターとしての実験をしようと思っても、まずMagrav-Generatorがないとお話になりませんからね。

ブループリントを見ると基本的な構成はほぼ同じなので、これまでの製作スキルがあれば全く問題なくできるでしょう。
とことが、キャパシターの構造が大きく変わっていて、その中でもシリコンペーパー(クッキングペーパー)に塗るガンズが違います。

これまでは3種混合ガンズを水でペースト状にしたものを塗っていたのでが、
今回はCuo2ガンズを潤滑油でペースト状にするようになっています。
ガンズは食塩水で生成して精製水で洗浄して使いますが、潤滑油ベースになったことで、
水と油は混ざりませんから、水分を乾燥させ、粉末にした上で潤滑油でペースト状にすることになります。
この乾燥に時間がかかりました。やっと粉末状になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これに潤滑油です。
一般的なシリコングリスを使用しようと思い手配しました。
ペースト状なので、クッキングペーパーにも塗り易いと思います。

また、ブループリントには
Wax Paper with Gans+Gel (CuO2+Nano Copper Flakes)
と書いてあって、細かい銅の粒子を混ぜるようです。
今回はNano Copper Flakes替わりに沖縄の麻炭とクリスタルパウダーを使う予定です。
電気的には変わりませんが、波動的にはムチャクチャ高そうなので、プラズマにも有効かと思います。
さて、どうなるか、乞うご期待!

感謝!氣波 拝。

フリエネ倶楽部 フリーエネルギー説明会を開催しました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

横浜の素敵な洋館でフリーエネルギー説明会を開催しました。

スピ友の田村まゆみさんとのご縁からお友達になった「こんのまさよ」さんが主催して下しました。
ありがとうございました。
久しぶりに再開出来た方、新しいご縁を頂いた方、
ご参加の皆々様、ありがとうございました。

201610031

フリーエネルギーと言っても様々な方法があり、研究している人も多くいます。
私はその中でもケッシュ財団のMagravsについて実験を行っています。

私の実験しているMagravsはその中でもON-GRID Magravs-Power Universal Systemを基にしています。

Magravs-Power Universal Systemはプループリント(設計図)が公開されており、材料もホームセンターや100均など身近なところで手に入りますので、チャレンジしやすいかと思います。

フリーエネルギーというと、「永久に無料で発電できる装置」というイメージが強いと思いますが、このUniversal SystemはON-GRID、すなわち商用電源につなげる、コンセントにつなげるもので、一般的にフリーエネルギーと思われているもとの違います。

私が、ブループリントを基に自作し、半年間実験をしてきた感想は、「省エネ装置」です。
しかも、少し電力を多く使えばたちまち省エネ分は吹っ飛んでしまいます。
効果が現れるのは、3ヶ月〜1年かかると言われているので、私の場合はまだ半年なのでなんと言えませんが。
機器を導入してすぐに対費用効果だけを期待する方は、導入を控えた方が良いでしょう。

しかし、なぜ私がこのMagravの説明会を開いたり、ワークショップを開いたり、製作代行を行ったりするかというと、省エネ効果より、もっとスゴイことがあるからです。

それは「イヤシロチ化」です。
最近私は違う表現で「パワースポット化」なんて言っています。
空間の波動の周波数が上昇して清涼な空気感になります。
これは科学的に数値として測定することができませんが、私がMagravを導入してからの感覚では、工房の空気感は清々しく、導入前までよりは深い瞑想ができますし、なにより、「いまここ」の充足が素晴らしい。

そんな体験をしているので、ご縁のある方々にも体験して頂きたいと思っていますし、不安や恐怖から解放され、憎しみや悲しみから解放され、幸福感に溢れた日常を過ごすことができる。
如いては自殺や戦争もなくなるのではと。
ちょっと飛躍しすぎかもしれませんが、エネルギー意外にも効果が期待されるMagravと思っています。

感謝!氣波  拝。


ケッシュ財団のON-GRID Magravs-Power Universal Systemの設計図を基に製作する
「Kiha-Magravsすばる」のワークショップや関連イベント、製作代行を行っております。
ピッピと直感で琴線に触れましたらご活用ください。

Magravsのイベントは下記のリンクからご確認ください。
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/3639

製作代行は下記のリンクから承っております。
http://www.reservestock.jp/stores/index/1802?category_id=1714

宜しくお願い申し上げます。


 

フリエネ倶楽部 Kiha-Magravsすばる 製作代行を開始します。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav
Kiha-Magrvsすばる6号をベースとした自作Magravsの製作代行を行います。%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3
Kiha-Magravs すばるこのような方にご活用頂けたらと思います。

●フリーエネルギーの実験に参加して効果を試したい。

●イタリアのケッシュ財団から直接購入するには敷居が高い。

●自作するのは難しくてとても無理

●ワークショップに参加したいが日程が合わない。

●工作が苦手で組立てワークショップでも心配。


Kiha-Magravsすばるはケッシュ財団が公開しているMagravs-Power Universal Systemのブループリント(設計図)に基づいて自作したものです。
Capacitorの回路はConfig-4です。
外観はケッシュ財団のものと異なりますが、内部構造はほぼ同じです。
ケース内に部品を納め、シンプルな形状としました。

また、上部はスケルトン、側面はスモークと内部構造も顔をのぞかせ、メカニカルなデザインも楽しめます。
取り扱い説明書、検電ドライバーが付属します。

Kiha-Magrvsすばるの詳しい説明は下記のリンクをご参照下さい。
 Kiha-Magrvsについて http://www.passion-ageing.com/fec/kiha-magravs/


通常製作代行料金 39,960円(本体37,000円 消費税2,960円)%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3

当面は毎月5台の限定製作です。
受注後製作を開始致します。
お支払い確認後、30日以内に発送致します。


製作代行開始モニターキャンペーン%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3

製作代行開始した記念として2016年内、各月5台を限定でモニター価格で提供致します。
モニター価格での提供条件を満たせる方が対象となります。

通常製作代行料金 39,960円(本体37,000円 消費税2,960円)
モニター製作代行料金 10%割引 35,964円(本体33,300円消費税 2,664円)

●提供台数
 2016年10月 5台
 2016年11月 5台
 2016年12月 5台

●モニターの条件
 パワースポット化/省エネ化の実験を開始してから1年間、
 毎月の電力会社からの請求書をみて、消費電力をメールで報告して頂きます。
 複数人のデータの統計的に公表することにより、Magravsの効果を確認していきます。
 データの公表は匿名とさせて頂きます。
 モニターに参加するで、クリーンなエネルギー社会への転換を広めていくことに貢献できますので、是非ご検討ください。


お支払いについて

お支払いは銀行振込のほか、ペイパル(PayPal)を利用することで、クレジットカードでのお支払いも出来ます。
クレジットカードを利用することで、ポイントの取得や、分割払い、リボ払いなどの方法も出来ますので、ご活用ください。

その他のオプション


%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3 

フリエネ倶楽部 Kiha-Magravsすばる6号 完成

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

新しい仕様のMagravが完成しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Kiha-Magravsすばる6号

6号の変更点はキャパシターの接続回路の変更とケースの色です。

configこれまでのキャパシターは3個のキャパシターをHot側に接続するConfig-3という回路で製作していました。
今回の6号機はConfig-4という回路に変更しました。
Config-4はConfig-3に加え、キャパシター3個をPower Grid 側にHotとColdをまたぎ設置しています。
パスコン(バイパスコンデンサー)ですね。

Magravのキャパシターは手作りですので、しっかり絶縁していなければ、ショートしてしまいます。

6号機は5号機と同様ケース内にキャパシターをおさめるタイプにして、ケースもスケルトンからスモークに変更しました。
近くに寄って見ると中が透けて見えますが、遠目には黒に見えます。
かつて2号機で採用したケースです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Kiha-Magravsすばる6号 第1層

ケース内にキャパシターを6個おさめて配線するのは、なかなか難しかったです。
これをワークショップ展開出来るかというと、ちょっと難しいですね。
特に1層目がポイントです。
狭いところを配線しますので、器用さが必要です。
また、コイル上のジャンパー線で配線をしていきますが、接続は圧着なので、ラジオペンチで思いっきりかしめでも力不足で、圧着ペンチを使いました。
手順を間違えると配線が出来なくなってしまいます。
今回は組立て手順も確認しました。

さて、電源を入れて見たところ火花も散らず、ブレーカーも落ちません。
電源投入から無負荷状態で1時間ほど経ちますが、特にケースやコイル、キャパシターは発熱していません。

手をかざすと、ほんのり暖かい感じがします。
なかなか表現が難しいのですが、遠赤外線に似たような感じです。
私だけではなく、妻も確認をしています。
電磁波なのか良く分りませんが、何かがMagravを包み込んでいるようです。

そんなわけで、大成功です。
これから「すばる6号」は説明会やマグラブ波動カフェで活躍をします。

感謝!氣波 拝。