フリエネ倶楽部 自作DIY-MAGRAVSすばる2号が完成しました。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

ケッシュ財団が無料で公開しているフリーエネルギー装置MAGRAVSのブループリントを元に
自作をして、実証実験をしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DIY-MAGRAVS すばる2号

私が作るMAGRAVSは「すばる」という名前をつけています。
私の魂の故郷に由来しています。
今回はその2号機です。

1号機よりはかなりバージョンアップをしました。
Capacitor、3種GANSコーティング、GANSボールで、本家のケッシュ財団が発売しているものにかなり近い仕様になっています。

すでに慣らし運転に入っていますが、無負荷での慣らし運転なので、特段変化は見られませんが、
密かにコンセント周りのナノ化が進んでいると思われます。
今回は発熱しないように慎重に注意深く進めていこうと思います。

設置場所は私がメインで使用しているコンセントに設置しました。
ブログやフェイスブック、ホームページ、写真の管理、動画編集、文書作成と主力で使っているMac BooK Pro。
バイオレゾナンス・セラピーと動画配信(波動の天恵doga)で使っているヒューレットパッカードのWindowsパソコンとデバイス、拡張ディスプレイ。
さらに、動画配信やDIY-MAGRAVSを製作やワークショップの準備をするときの照明、ホットカーペット、アロマディフェーザー、コーヒー保温器、電動ドリルのバッテリー充電器、デジカメのバッテリー充電器がつながります。
Passion Ageing Inc.の中枢をになうコンセントです。

慣らし運転が終了後にそのまま実用運用に入ろうと思っていますので、慣らし運転でどの機材から順番に慣らし運転に投入して行くか考えながら進めて行きたいと思っています。
慣らし運転中は別コンセントから電源を引っ張ってますが、そのコンセントはDIY-MAGRAVSすばる1号がナノ化したコンセント(1号は外してあります。)です。

さて、今後どのようになって行くのか、乞うご期待!

感謝!氣波 拝。

フリエネ倶楽部 ケッシュフリーエネルギー装置 DIY-MAGRAVS実験ワークショップ VOL.1を開催しました。

Posted 1件のコメントカテゴリー: Magrav

フリエネ倶楽部 ケッシュフリーエネルギー装置 DIY-MAGRAVS実験ワークショップを開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DIY-MAGRAVS 実験ワークショップ

このワークショップは、イタリアのケッシュ財団が発表したフリーエネルギー装置MAGRAV POWERのブループリント(設計図の青写真)を元に自作DIY-MAGRAVSを組み立てフリーエネルギーの実験をしようというワークショップです。

今回が第1回、バタバタしながらもなんとか開催にこぎつけました。
参加の皆様には真剣に、そして楽しく参加して頂けました。

広島から、秋田から、北海道から。
遠くからお越しくださいました。ありがとうございます。

ブループリントを元に説明させて頂き、自分で組み立てに挑戦!
ブループリントだけでは分かりにくいところや、ちょっとしたテクニックもご紹介。

組み立てたDIY-MAGRAVSお持ち帰り頂き、それぞれのご自宅で慣らし運転、そして大いなる実験の続きを行っていただくこになりました。

ご参加された方の中にはオフ・グリッドに挑戦されている方もおられ、私もいずれは挑戦したいと思っていますが、まだまだ先になりそうです。

さて、この大いなる実験にご興味を持って頂いた方はいらっしゃるでしょうか?
今後もワークショップを開催して行く予定ですので、宜しくお願い致します。

ワークショップ開催予定


4月10日(日) 13:30〜17:00 山梨県大月市 ピラミッドセンター
「 フリーエネルギー装置 『 MAGRAVS 』製作実験ワークショップ with クリスタルボウル 」in ▲ピラミッドセンター

みんなの広場とのコラボ企画です。

ピラミッドセンターの神秘のエネルギー場の中で、クリスタルボウルで空間の浄化と心身の波動をチューニングした上で『重力場装置』と訳される『 MAGRAVS 』の製作実験に挑む午後のひと時をご一緒に

お申し込み・お問い合わせ:みんな広場 野村節子
http://minanohiroba.com/?pid=100163507


4月21日(木) 14:00〜18:00 東京都西東京市 Passion Ageing Inc. 自宅ワークルーム

予約受付期間:3月24日(木)7:00〜4月14日(木)0:00 定員になり次第受付終了

定員:4名

参加日:25,000円

ご予約約はこちらから
http://www.reservestock.jp/events/MDE4NjhjYWU3M


4月30日(土) 14:00〜18:00 東京都西東京市 Passion Ageing Inc. 自宅ワークルーム

予約受付期間:3月31日(木)7:00〜4月23日(日)0:00 定員になり次第受付終了

定員:4名

参加日:25,000円

ご予約約はこちらから
http://www.reservestock.jp/events/MDVkYWRmZmU4Z

 

感謝!氣波 拝。

フリエネ倶楽部 CO2ガンズ生成途中経過

Posted 2件のコメントカテゴリー: Magrav
こんにちは、氣波です。
ケッシュ財団が無料で公開しているフリーエネルギー装置MAGRAVSの製作にチャレンジしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
CO2 GANS 7%食塩水生成実験

この装置の重要な要素としてGANS(ガンズ)というものがあります。

ケッシュ氏によると、ナノコーティングしたコイルにGANSコーティングを行うと、場にあるプラズマエネルギーをコイルに伝え、電力に変換できるとのこと。
詳しい事はもっとあるようなのですが、
私の頭では理解の限界を超えています。

そのGANSを生成しているところです。
方法は小学校の理科の実験で、亜鉛板と銅板で電池を作った経験のある方もいらっしゃると思いますが、ほとんどそれと同じです。
銅の電極はブタンガスで焙り、ナノコーティングをしています。
この電極と亜鉛板の電極の間に塩水を満たします。
1週間ほど置いておくと、結晶が出来てきます。この結晶がGANSになります。
ブループリントでは塩水は海水が良いと言われており、海水がないときは15%食塩水とあります。
とことが、あるQ&Aで7%食塩水という情報もあり、15%と7%を両方つくり、出来具合を比較しているところです。
今のところ、色や量からすると7%食塩水の方が優位な状況です。
写真は7%食塩水で生成している亜鉛板を使ったGANSです。二酸化炭素GANSで、
本来でれば白い結晶だそうですが、少し青みかかっています。
白い結晶は成分分析器でスペクトルを見ると、二酸化炭素のスペクトルが出るそうです。
二酸化炭素はドライアイスですから、普通は低温でなけでは個体にはならないのですが、
この方法で生成すると常温で個体化できるそうです。

いまの科学常識では「ほんかいな、びっくりぽんや」となるとこですが、
このケッシュ財団の技術をどう思うのか、どう受け取るのかは、それぞれの皆様が決める事です。
私ははっきりいうと、そんなバカな!派ですが、幸いなことにホームセンターや100均など日本国内で普通に手に入るもので実験ができますので、好奇心から、実験をしているところです。
残念ながらスペクトル分析器は買えないので、自作のフリーエネルギー装置DIY-MAGRAVSにコーティクングしてみて、実際にどうなるかを検証していきます。

ちなみにDIY-MAGRAVSすばる1号はこのGANSコーティングをしておらず、Capacitorと言われるコンデンサーもつけないまま、メインコイルのナノコーティングだけで慣らし運転に入ったところ、800Wの負荷をかけたところでコイルが高温になり、ケースが溶けだして、リタイヤとなっています。
原因はGANSコーティング、Capacitorがないことの他に、800Wの負荷にするまでが急激すぎた可能性もあります。もう少し緩やかに800Wまで上げても良かったとの反省もあります。

私と一緒に実験してみたい方がいらっしゃいましたらDIY-MAGRAVS実験ワークショップを行う予定をしていますので、ご参加ください。
詳しくは後日ご案内いたします。

感謝!氣波 拝。

 

フリエネ倶楽部 MAGRAVSすばる1号 慣らし運転STEP4(19日目)

Posted 4件のコメントカテゴリー: Magrav
こんにちは、氣波です。
ケッシュ財団が無料で公開しているフリーエネルギー装置MAGRAVSの製作にチャレンジしています。
 
201603052
 DIY-MAGRAVSすばる1号は慣らし運転19日目。
800Wの電気ストーブを45分間電源をいれて様子をみました。
すばる1号経由でつないでいるワットメーターをみると、
692Wになっています。
 
なんと!800Wの電気ストーブが692Wで動いていることになります。
単純計算で108W分の節電。その分は時空からエネルギーを調達しているようです。
 
ところがです。
コイル周りの温度が75℃にも達しました。
ケースも一部溶けました(泣;
急過ぎに負荷をかけすぎたようです。
ケースを新しいものに変え、慣らし運転をもそっと緩やかにして、様子を見ようと思います。
 
写真は電検ドライバーをDIY-MAGRAVSすばる1号に近づけたところです。
電検ドライバーはドライバーの先端に電気を帯びていることをを検知すると、LEDランプが点灯し、通電している事を確認できる検査機器です。
電検ドライバーをDIY-MAGRAVSすばる1号に近づけると、LEDが点灯します。
電検ドライバーはコイルに触れているわけでも、電線をつないでいるわけでもなく、空中にあります。
普通なら空気は絶縁なのでLEDが点灯する訳がないのですが。
DIY-MAGRAVSすばる1号近辺の空間では何かが起こっているようですよ。
 
さらに実験は続きます。
 
感謝!氣波 拝。