フリエネ倶楽部 MAGRAVSすばる1号 慣らし運転STEP3(8日目)

Posted 2件のコメントカテゴリー: Magrav

ケッシュ財団が公開したフリーエネルギー装置MAGRAVSのブループリントを基に自作にチャレンジ!
草の根的に広がりクリーンなエネルギー社会を目指しています。

今回は自作のMAGRAVSすばる1号の慣らしの第3ステップ(8日目)に入るところです。
第2ステップに80W以下の負荷を追加し、合計100W以下の負荷で3日間の放置となります。
今回は合計約82Wの負荷をかけています。

負荷の総計は、壁コンセントに直結してワットメーターで計測したところ、約77.5W
これをMAGRAVSすばる1号経由で測定すると約75.5Wと約2Wの節電効果といったら分かりやすいでしょうか。

もう少し正確にいうと2ステップ目の6.6Wが加算されますので、8.6Wの節電です。

ちなみに、8.6Wで24時間運転すると、東京電力で1日あたり5.35円です。
小さな一歩ですが、この積み重ねが世界を変えていきます。

まだ慣らし運転中ですが、このワットメーターがどのように変化するか楽しみですね。

感謝!氣波 拝。

フリエネ倶楽部 MAGRAVSすばる1号 慣らし運転4日目

Posted コメントするカテゴリー: Magrav

昨年イタリアのケッシュ財団がフリーエネルギー装置MAGRAVSの販売を開始しました。
設計図のブループリント(青写真)もすべて無償で公開されていて、だれでも作ることができます。

ブループリントを基にMAGRAVSの自作にチャレンジしています。
氣波製作のMAGRAVSの名前は私の故郷にちなんで「すばる」です。

MAGRAVSすばる1号を何とか製作し、慣らし運転に入っています。
慣らし運転の行程は全部で21日間。
最初の3日間の無負荷連続運転点が終わり、次のステップの4日間の低負荷連続運転に入りました。

動画でお楽しみ下さい。


感謝!氣波 拝。

フリエネ倶楽部MAGNAVSワークショップ 第1回を開催致します。

Posted コメントするカテゴリー: Magrav
フリーエネルギー装置MAGNAVS制作ワークショップ
誠に勝手ながら都合により中止とさせて頂きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日時:2016年3月19日14:00〜17:00
場所:東京都西東京市(西武池袋線保谷駅より徒歩5分)
   お申し込みの方に詳細をご連絡したます。
主催:フリエネ倶楽部 氣波達也(Passion Ageing inc.)
定員:4名(1名様からでも開催致します。)
費用:25,000円
   材料、工具等はすべてご用意します。
   手作りのフリーエネルギー装置MAGRAVSをお持ち帰りできます。

昨年イタリアのケッシュ財団がフリーエネルギー装置MAGRAVSの販売を開始しました。
設計図のブループリント(青写真)もすべて無償で公開されていて、だれでも作ることができます。
このブループリントを基にフリーエネルギー装置MAGRAVSを自作するワークショップです。

誠に勝手ながら都合により中止とさせて頂きます。

お申し込みは下記のリンクからお願い致します。
このフェイスブックイベントで参加ボタンをクリックしても正式なお申し込みにはなりません。
下記のURLのリンクよりお申し込み下さい。
お申し込みされると確認のメールが送られますので、
メールのリンク先からもう一度再確認をさせていたくようになっております。
こちらから送られるメールは迷惑メールフォルダーに入る場合もありますので、お手数ですがご確認をお願い致します。

http://www.reservestock.jp/events/ZDdmOGQyYzMwY

世界各国で自作する方が続々と出てきています。
MAGRAVS(マグラブ)は日本語に訳すと重力場装置で、
正確にはフリーエネルギー装置ではありあません。
ゼロからエネルギーを生み出すのではなく、この装置でナノ化と言われる常温超伝導と、
場(空間)からのエネルギーを取り入れることによって省エネルギーを目指す装置です。

現在の一般的な科学ではまだまだ語れない装置です。
世界的にも実験が始まったばかりで、省エネ効果もケースバイケースです。
しかし、すでに制作し、実践されている方からの報告によりますと、電化製品を動かすことが出来るという報告も上がっています。
さらに、そのエネルギーは空間にも放出され、場の波動上昇にも影響しているとの報告もあります。

そんなMAGRAVSを私と一緒に手作りしてみませんか?
この未知なる、そして神秘的な装置は、なんと!日本ですべての材料が手に入ります。
公開されているブループリント(青写真)では分らない細かな制作ポイントなどもシェアできると思います。
材料や工具、消耗品はすべてご用意致します。どうぞ手ぶらでいらしてください。
そして、お帰りには自分で作ったフリーエネルギー装置MAGRAVSをお持ち帰り下さい!

私は金銭的な経済効果にだけ視点を置くのではなく、地球全体のエネルギー問題に視点を置いています。
草の根的にこの装置を広め地球環境保全に貢献するとともに、さらなる高次のエネルギー循環を
目指して活動を始めております。
私もやっと1台製作したばかりで、まだ省エネ効果を実証したわけではありませんが、
オーダーして結果は宇宙に任せ、まずは行動してみることが大切なのかなと思います。
私の波動に共鳴し、可能性を感じて下さる方の参加をお待ちしております。

ご注意
ケッシュ財団で販売しているMAGRAVSとは異なる点がございます。
1.メインコイルのみのシンプルな構成
  ケッシュ財団で販売しているMAGRAVSにはより作動を安定させる部品や
  コイルに追加のコーティングがされていて、より省エネ効果が得られる構造なっています。
  しかし、これらの部品を製作するには1週間以上かかることからワークショップで取り扱うことができません。
  ワークショップでは、あとから追加できるように説明のみとさせて頂きます。
2.簡易的なケース
  100均ショップで購入できる簡易的なケースを使用します。
  そのままでも使用できますが、ブループリントに基づき、後から変更することも可能です。
3.自己責任の装置
  ケッシュ財団で販売しているMAGRAVSは電化製品として輸出できるようにCEマークがついています。
  しかし、このワークショップで製作するMAGRAVSは自作品になりますので、
  ご使用の際に万が一事故が発生した場合には自己責任となります。
  予めご承知おき下さい。

お申し込みは下記のリンクからお願い致します。
下記のURLのリンクよりお申し込み下さい。
お申し込みされると確認のメールが送られますので、
メールのリンク先からもう一度再確認をさせていたくようになっております。
こちらから送られるメールは迷惑メールフォルダーに入る場合もありますので、お手数ですがご確認をお願い致します。

http://www.reservestock.jp/events/ZDdmOGQyYzMwY

宜しくお願い致します。

感謝!氣波 拝。

Autumn Rain

Posted コメントするカテゴリー: オリジナル音楽作品

 

題名:Autumn Rain

作品ジャンル:オリジナル・コンピューターミュージック
作曲・編曲 Tatsuya Kiha
DAWシーケンス Tatsuya Kiha
使用音源:EDIROL SD-90

 

今回の作品は、フランス映画のワンシーンをイメージして作曲しました。
楽器の編成も、ベース・ドラムス・ピアノ・トランペット・アルトサックスとシンプルです。

 

 

Tatsuya Kiha 作品はこちら

 

 

 

 

 

フリエネ倶楽部 〜Keshe MAGRAV 製作記〜 の始まり始まり。

Posted 1件のコメントカテゴリー: Magrav

皆様、Keshe財団ってご存知でしょうか?
最近、Magravというフリーエネルギー装置を開発、販売を始めました。
その装置は財団の意向で仕組みや作り方のブループリントが公開され、誰でも制作して良いものになっています。

9Magravは簡単に言うと空間にある波動エネルギーを電力に変換する装置です。

もう、キハさんたら、また怪しいものに手を出したねぇ〜と声が聞こえてきそうですが、
怪しいからこそワクワクなんです。
波動をテーマに人生をワクワクに年を重ねることを実践している私にとっては、
琴線に引っ掛かってしまいました。
先日の不食の秋山先生は場にあるプラーナを生命エネルギーに変換しますが、
この装置はプラーナを電氣エネルギーに変換する装置と思いました。
理工系の波動セラピストとしては手をつけずにはいられません!

公開されている設計図や制作事例を見ると、私の元エンジニアとしての電氣知識からすると、
えっ?って感じです。
こんなで大丈夫なの?むちゃくちゃ危険な感じ!ショートをしてブレーカーが落ちるよね。
しかも構造は簡単。材料はホームセンターで手に入る。
一般的な科学ではとても信じられない!

こんなのでフリーエネルギーかい?って感じです。

ところが、本家では販売していますし、ブループリントをもとにFBやブログなどでは実際に制作し成功例もありますし、
しっかりデータをとって成果が上がっている方もいらっしゃいます。
制作記を公開されている諸先輩からご教示を受け、自作に挑戦し、確かめてみることにしました。
公開されているのは、ブループリント(青写真)なんで、色々な試行錯誤は多いかもしれません。

なぜ私が常識で考えると怪しいことに踏み切れたのかというと、
私の本職のバイオレゾナンス・セラピーの経験からです。
今の日本の社会常識は「病気になったら病院行く」ですね。
わたしが始めたバイオレゾナンス・セラピーは「病気になる前に日頃から自己治癒力をメンテナンスする」なんです。
しかも、今までの日本では馴染みのない振動医学がベースです。
すでに今の常識ではない仕事に踏みだしているんですね。
そこに私のワクワクがあるんです。

世の中には人類が作り上げてきた「常識」では計り知れないことのほうが多いようですよ。
私にとっては、天動説から地動説に移行するようなワクワク感です。

最終的には、私のワクワクで社会貢献が出来れば良いなと思っています。

下記にケシュ財団に関する情報をリンクしておきます。

ケシュ財団公式ホームページ

http://www.keshefoundation.org/

ケッシュ財団支援者ネットワーク
http://www.keshe-supportersnetwo

 

感謝!氣波 拝。

 

bar2

広告 バイオレゾナンス・セラピー
知ることから始めるヘルスケア、生体共鳴で健康をオーダーしよう!
私、氣波の本職です。

パソコンによる生体共鳴療法バイオレゾナンス・セラピー
パソコンの画面で今の生体エネルキーを確認し、自己治癒力をメンテナンスできます。
音の共振共鳴を利用するロシアの最新技術。
ヘッドフォンをつけるだけの超簡単セラピーです!

西東京市東町の自宅セラピールームで営業中。
詳しくはHPをご覧下さい。
http://www.passion-ageing.com