シニアの塗り絵手紙で簡単レクリエーション

Posted コメントするカテゴリー: 絵手紙

今日は絵手紙の話題です。
高齢者デイサービスで絵手紙講師のボランティアをしていたのですが、
パート社員になったのでレクリエーション活動の絵手紙担当となりました。

デイサービスのご利用者には実際のモデルを見て青墨で書く輪郭線をなかなか描くことができません。
私は慣れているのですが、観察力と筆さばきがけっこう難しんです。
そこで結構挫折して、次回からは参加しないという運びになってしまうことが多々ありました。
これをなんとか解消して絵手紙を楽しんでいただきたいと初めてのが「塗り絵手紙」です。

大人の塗り絵と絵手紙を合体させたような感じです。
あらかじめ私が下絵を書いておいて、ご利用者に色を塗っていただきます。
色は従来の絵手紙のように顔彩で塗っても、色鉛筆で塗ってもOKにしました。
輪郭線だけの下絵はイメージスキャナーでパソコンに読み込み、画仙ハガキにインクジェットプリンターで印刷します。量産できるのも便利ですね。

難しい輪郭線を描くことなく、手軽に色鉛筆で塗り、そこそこ絵手紙風の見栄えのする作品が簡単に出来上がります。

ちょうど今日絵手紙会がありましたので、試して見たところ、とっても好評で手応えを感じました。
お嫁にいった娘さんへ、お孫さんへ、海外に住む友人へ、奥さんへとプレゼントするそうですよ。

輪郭線の下絵
色鉛筆の作例
顔彩の作例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色鉛筆でも顔彩でもそれそれの味わいがあって素敵です。

絵手紙には一応書き方のルールがあるのですが、それをあえて破ることで、自由度の高い活動に繋がります。
私たちの人生はどうでしょうか?
親から知らず知らずのうちに刷り込まれた常識。学校での教育や友達との付き合いの中で身についた固定概念。会社でのルール。
自分自身の感性とは合わない常識に知らず知らずのうちに縛られていませんか?
ほんとうに自分がワクワクするものってなんでしょうね?

感謝!氣波 拝。

氣波の絵手紙〜ありがとう〜

Posted コメントするカテゴリー: 絵手紙

今日は高齢者デイサービスで絵手紙講師のボランティアでした。
Eさんは今日がお誕生日です。
おめでとうございます。

描いた絵手紙は離れて暮らす娘さんに送るそうですよ。
きっと喜ぶでしょうね。
ちょくちょく来て身の回りのお手伝いをしてくれるそうです。
いつもの感謝とは違う形で、最幸の贈り物ですね。
素敵です。
SNSで事が足りてしまう時代になっても、アナログの良さってありますよね。
一般の方向けに絵手紙会を始めることにしました。
絵手紙を描いて見たい方、ご参加お持ちしております。
2108年1月21日(日)13:30〜 西東京市 西武池袋線保谷駅近く
お申し込み、詳細はこちらをご覧ください。

本日の氣波の作品

氣波の絵手紙ギャラリーはこちら。

感謝!氣波 拝。

秋旨い

Posted コメントするカテゴリー: 絵手紙

今日は恒例の高齢者福祉施設での絵手紙講師のボランティアでした。

今回のテーマも秋。
秋の食材といえば、きのこですね。
どどーんと松茸といきたいのですが、お財布と相談して1パック160円の椎茸にしました(笑。
そういえば、今年は近くの八百屋さんでも、スーパーでも私の生活圏内では松茸は見かけません。
どうしたんでしょうね。
最近は椎茸、えのき、なめこ、しめじ、舞茸は一年中買うことができるようになり、季節の食材という感覚は薄れてきましたね。

私たちは、お肉にしろ植物にしろ命をいただいて生かされています。
食材の命に感謝し、生産者や漁や猟をした方に感謝し、食べやすいように加工してくださった方に感謝し、流通をして届けてくださった方に感謝する。
「頂きます」その一言の感謝の言葉で食材を愛の光に変えることができます。

感謝!氣波 拝。

今年も柿を食べれられました。

Posted コメントするカテゴリー: 絵手紙

今日は恒例の高齢者福祉施設での絵手紙講師のボランティアでした。

毎年秋になると、ひいばちゃんが言っていました。
「今年も柿がたべれたね。」
曽祖母は明治16年新潟の生まれ。父は食器を作る陶芸職人だったそうです。
私が小学6年生のとき92歳で向こうに行きました。
それが私が初めて体験した人の死でした。
家族みんなが床の周りに集まり、死水をとりました。

曽祖母は「死んだら水の泡で全部消えてしまうんだ」と言っていましたが、
それに対して祖母は「死んだら天国にいって生まれ変わる」と反論していました。
祖母の話は輪廻の話しで、曽祖母の話は輪廻を終えたワンネスに帰るの話だったんでね。
曽祖母は当時から非二元論を言っていたわけです。

柿を見るたびにこのことを思い出し、命の素晴らしさに感謝します。

ちなみに祖母は私のガイドのひとりとしていつもそばにいますよ。
ありがたいですね。

感謝!氣波 拝。