バシャールでワクワク

バシャールでワクワク 〜結晶化〜

バシャールでワクワクのコーナーです。
今日は結晶化のお話。
バーシャルの本にはよく出てくるキーワードですね。
「思考は現実化する」現実化のことをバシャールは結晶化と言っています。

自分の目の前に広がる世界は自分が作っているんですよ。
と言われても、俄かには信じられませんが、どうやらそうらしいんです。

知ってるいる方も多いと思いますが、「量子物理学」というミクロよりもっと小さな1000万分の世界のお話です。

物質、私たちの体も含めて身の周りにある物を分解していくと、中学校や高校の理科で教わった分子、さらに原子となり、さらに分解していくと量子となります。
量子の世界になると、摩訶不思議な現象が起こることが知られています。
量子物理学では「観測問題」と言われています。
二重スリットの実験と言われているもので実証されていますが、なぜそれが起こるか、未だに解明させていません。
詳しくは動画をみてください。

量子レベルまで小さくなると、波としての性質と粒子と性質があって、普段は波なのに、観測した途端に粒子になります。
観測するという行為は人間が意思を持って行うことです。
ここからちょっと飛躍した解釈になりますが、
量子が集まり分子になり、分子が集まり目に見えるような物質になりますので、
 「波=エネルギーの振動」は意思によって「粒子=物質」化するとも考えることができます。
ですから、「思考は現実化する」ことになります。
なんとなく分かったような、わからないような、狐につままれたような感じですね。

私も最初はなんじゃこりゃと思っていたのですが、「思考は現実化する」ことに氣付いてしまいました。

この続きはまた今度。

感謝!氣波 拝。

第2章 願望実現 〜結晶化〜


バシャールでワクワク 〜結晶化〜” への1件のフィードバック

  1. 摩訶不思議!!
    科学的話だけど、非科学的!?
    思考は現実化する。凄いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です