バシャールでワクワク

バシャールでワクワク〜波動共鳴、物質次元と非物資次元04


図-1 フィジカルマインドとハイヤーマインド

バシャールでワクワクです。
今回からいよいよ本題?に入り、どんどん怪しくなっています(笑。
と言っても、すべてはエネルギーの共振共鳴によって決まりますので、これまで学校で習った理科の延長線上にあると思ってください。
ちょっと強引かな(笑。

今回はフィジカルマインドとハイヤーマインドのお話です。

図-1の右側、鉄人28号がフィジカルマインド、
正太郎くんがハイヤーマインド(ハイヤーセルフ)に当たります。
正太郎くんは鉄人を動かすリモコンを持っています。
ところがこのリモコン、ダイヤルが3つしかありません。
あの巨体をバランスとって立たせているだけでも、かなり複雑な操作が必要で、
たった3つのダイヤルで鉄人28号の複雑な動きを制御できるわけがありません。
パンチを繰り出すとか、空を飛ぶなんてとんでもないことです。

ところが鉄人28号には「動作シーケンスプログラム」が組み込まれています。
正太郎くんがリモコンのダイヤルAを1に合わせると、「パンチ」という指令が出るとします。
鉄人は「パンチ」の指令がくると、動作シーケンスプログラムが各センサーからの情報を収集計算して機体のバランスを取りながら手足のモーターを動かしてパンチします。
このように正太郎くんがダイヤルを合わせるだけで鉄人は正太郎くんの意図どおりに細かい動作をしてくれます。
この鉄人28号に入っている「動作シーケンスプログラム」がフィジカルマインド「私」にあたります。

感謝!氣波 拝。

第1章 魂の世界感 フィジカルマインドとハイヤーマインド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です