バシャールでワクワク

バシャールでワクワク〜波動共鳴、物質次元と非物資次元02


図-1 音の共鳴

バシャールでワクワク波動共鳴、物質次元と非物資次元というテーマですが、前回は波動で終わってしましました。

今回はそれを踏まえて共振共鳴のお話です。
「共振」と「共鳴」は厳密に言うと、
「共振」は個々の物体が持つ固有振動数と同じ振動数の揺れを外から加えると物体が振動を始める現象です。
「共鳴」は共振の一種ですが、音に関してのみ「共鳴」と呼びます。

図-1は音叉を使った共鳴の実験です。
小学校か中学校か忘れましたが、理科の授業で見たことがあると思います。

固有振動数がXの音叉Aを叩くと、その振動は空気を伝わって、同じ固有振動数Xを持った音叉Bが共鳴して音が鳴り出します。違う固有振動数Yの音叉Cは鳴り出しません。
同じ固有振動数のもの同士は音だけではなく、物質でもエネルギーでも共振共鳴をします。
これを英語ではresonance(レゾナンス)といい、共振共鳴によってできた因果関係をシンクロニシティー、略してシンクロと読んでいます。
「彼氏とシンクロしちゃった〜〜〜」とか、
「アファメーションがシンクロした!」なんて言うことがあると思います。

実際の音や現象には、固有振動数の整数倍の倍音も含まれていて、倍音同士でも共振共鳴を起こします。
細かく言うとドップラー効果やヘテロダインなんてものもあるのですが、あまり細かいとことまで考えると複雑すぎて夜に眠れなくなりますので、単純に「同じ周波数、極近い周波数で振動していれば共振共鳴してシンクロするんだ」とだけ覚えておけば良いかと思います。

私は共振共鳴が人生のテーマなので、お仕事にもレゾナンスを多様しています。
バイオレゾナンス・セラピー(Bio Resonance Therapy)は、バイオ=整体 レゾナンス=共鳴 セラピー=療法と名付けていますし、
また、私の作るフリーエネルギー装置Magravにはレゾナンス・ジェネレーター(Resonance Generator)と名付けています。

次回は物質次元、非物質次元についてです。

感謝!氣波 拝。

 

第1章 魂の世界感 共振共鳴


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です