Magrav

GAIAへの道 その5

新モデルのフリーエネルギー装置Resonance Generator GAIA の製作記です。
フリーエネルギーと言うよりは省エネ装置といった感じですが。
家庭の電気配線を省エネモードにすると言われています。
もう一歩突っ込んだ表現をすると、空間の波動を整え、イヤシロチ化を促進し、意識を変革し、
その効果の一部として省エネ効果をもたらすと考えられます。

今日はケースにメインコイルとプラズマキャパシターを取り付けました。
整然と並んだ様子は我なから美しいと思います。

GAIAモデルはキャパシターが9個。
TERRAモデルの中で、一部このキャパシターが9個ついたConfig-5を提供したことがあります。

その友人と先日あってお話を聞きました。

お部屋は2DKで結構広いマンション。
引っ越しと共にMagravを導入しました。
引っ越し前も同規模のマンションで24時間エアコンをかけっぱなしの生活をしていて、電気代は月に1万円以上かかっていました。
ところが、同規模の今のマンションに引っ越し、やはり24時間エアコンをかけっぱなしなのですが、電気代は6000円超とのこと。

Resonance Generator用木製ケース

こんなに電気代が安くておかしいと首を傾げていました。

電気代は日当たりの関係で様々な要因で変わるとは思いませんが、それだけではなさそうで、Magravがかなり影響しているものと考えられます。
7月に取り付けましたので、約3ヶ月。
この短期間で効果が出てくるのはスゴイなと思っています。

ちなみにこの友人は人並みはずれた超ポジティブ人間です。

1件のみの事例ですが、GAIAモデルはキャパシターを9個取り付ける回路としました。

感謝!氣波 拝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です