バイオレソナンス・セラピー

キハ・オーラ20171025

キハ・オーラのコーナーです。
生体情報共鳴療法バイオレゾナンス・セラピーで使用しているNew Scan 2 (Sounds Scan)で計測した本日の私のオーラの様子です。

青いグリッドがきれな卵型の方がよりバランスの取れたオーラエネルギーの状態を示してします。

私たちが目で見える、皮膚として感触がある範囲の身体の外側に何層ものエネルギー体があると言われています。
まず、そのエネルギー体に変調が起き、その後、身体に変調が出て来るとのことです。
あらかじめエネルギー体の歪みを予測できるとしたら、健康を維持するためにどれだけ有益なことでしょう。

今日は昨日よりはるかにきれな卵型をしています。
歪んでいる部分も右の大腿部あたりのみになりました。
特に自覚症状はありませんが、何らかの理由があるのでしょう。
絵手紙のボランティアをして楽しいひとときを過ごし、「氣波のマインドフルネス瞑想会クラウド」でもしっかりと瞑想が出来なので、スッキリしています。

バイオレゾナンス・セラピーは量子論を基本としています。
ノーベル物理学者、量子論の父と言われるのマックスブラウン博士の「全ての物質は、固有の振動数を持つ」です。
私たちの身体も例外ではなく、それぞれの器官が最適な固有振動数をもっています。
バイオレゾナンス・セラピーでは音の共振共鳴現象を利用して、各臓器の振動数を計測し、あらかじめPC内のデータベースと照合、解析して、今の各器官の状態を予測します。
そして、PCデータベース内にある標準的な各器官の振動数の音を身体に流し、共振共鳴させています。
現在主流の医学のように、様々な化学的な検査をして医師が診断し、治療すると言った医療とは全く異なります。

もちろん、医療としては認められていません。
何だかパソコンを使った氣功みたいな感じかなぁなんて思ったりもします。
バイオレゾナンス・セラピーじゃなくて、「PC氣功」なんていうのも面白いかもしれませんね(笑。

バイオレゾナンス・セラピーにご興味を持たれた方はHPを作ってありますので、のぞいて見てください。
http://www.passion-ageing.com/bio-resonance-therapy01/

また、予約方法を変更しました。
カレンダー方式で空いている時間帯を選択していただくようにしていたのですが、
結構わかりにくく、予約カレンダーまでたどり着けなかったりする方が続出していますので、
以前ちょっとだけ試していたお申し込みフォームで希望日と時間を記入していただく方法にしました。
第1希望から第3希望まで記入して頂き、私の方で調整して予約のお知らせをメールさせていただく方式です。

感謝!氣波 拝。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です