Magrav

GAIAへの道 その2

新モデルのフリーエネルギー装置Resonance Generator GAIA の製作記です。
フリーエネルギーと言うよりは省エネ装置といった感じですが。
開発もとによると家庭の電気配線を省エネモードにすると言われています。
もう一歩突っ込んだ表現をすると、空間の波動を整え、イヤシロチ化を促進し、意識を変革し、
その効果の一部として省エネ効果をもたらすと考えられます。

今日はメインコイルのGANSコーティングを行いました。
GANSはGAs in Nano Solid stateの略です。
GANSは別の表現では「小さな太陽」と言われています。
開発元の解説Wikiのリンクを貼っておきますね。

http://en.kfwiki.org/index.php/GANS_Production_and_Application

このGANSが空間のプラズマエネルギーを呼吸し、下層のナノコーティングにエネルギーを渡していきます。

CuO、Co2/Zno、CH3の3種混合GANSに加え、沖縄の麻炭パウダー(Cosmic Hemp)、クリスタルパウダー、バイオセラミックスパウダーを配合しています。
Cosmic Hemp とクリスタル(水晶)はおなじみだと思います。
バイオセラミックスは有用微生物群(EM)を練りこんだセラミックスを高温で焼成してパウダー状にしたものです。

高温で焼成するので微生物は死んでしまいますが、その波動がセラミックスに転写され残っています。
どうやらこの波動は金属の組織を再編成するようです。
このセラミックスパウダーを溶かした水にカミソリを入れておくと、切れ味が信じられないほど長持ちするという事例があります。
このことから、ナノコーティングのアライメント(整列)を活性化させ、ナノコーティングが絶縁状態でありながらプラズマエネルギーが電気として振舞うことをさらに効率化させると考えられます。

今日コーティングしたGANSが乾燥したら組み込みができます。

Resonance Generator用木製ケース

フリエネ倶楽部ではマンツーマンでの製作ワークショップ、ワークショップに参加でいない方のための製作代行を行なっております。
詳しくは、下記のHPをご覧ください。

尚、今回のResonance Generator GAIA につきましては、内部部品の組み付けを確認して11月より製作代行を承ることができるように、準備を進めております。
今しばらくお待ちください。

フリエネ倶楽部 by Passion Ageing Inc.で、
すばるタイプのワークショップにご参加の方、また、製作代行でお求めになった方は、Resonance Generator GAIA へのバージョアップ改造も承ることも検討しております。

よろしくお願い申し上げます。

フリエネ倶楽部

感謝!氣波 拝。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です