Magrav

木工に挑戦!その3

Resonance Generator の木製ケースを作るプロジェクトのその3です。

SUBARUモデルがすっぽりと入る高級感溢れるケースを目指しています。

各パーツの塗装と思いましたが、テスト用で買ったニスを使ってしまい、買いに行かねば先に進みません(笑。

ダボ継の仕込みと同時に正面のレタリングのテストを行なっていました。
それで、ニスを使ってしまいました。

木材にシルバーのメタリックのインレタを作って転写するのですが、インレタがうまくできなかったり、やっとインレタが出来たと思ったら、木材にくっつかなかったりとなかなか一筋縄ではいきません。

手を変え品を変えとなんとかこぎつけました。
手順を確認するために、さらに、何回かトライして、納得のいく出来栄えになりました。
やっぱりカッティングプロッターが欲しい!

感謝!氣波 拝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です