Magrav

Kiha-Magravsシンプル&コンパクトへの挑戦 その2

フリーエネルギー実験装置のMagrav。
ここらでちょとイメチェンができなだろうか?と奮闘中です。

1層目

前回はなんとか自動車用Kiha-Mgravsビークルで使っているシンプル&コンパクトなケースに
家庭用Kiha-Mgravsすばるの回路がなんとか入ることを確認できました。

今回はその続きで、1層目の配線です。
1層目はConfig-4回路のキャパシターと電源ケーブルがセットされます。
結構細かい作業ですが、どの順番で組み付けていくと組みやすいか手順を試しながら作ってみました。

ここまでできれば、あとは難しいところはほとんどありませんが、電源ケーブルの通し方がややこしいかもしれません。

だんだん形になっていくのはワクワクしますね。

つづく。

感謝!氣波 拝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です