Magrav氣波家の消費電力

氣波家2017年2月の消費電力

ケッシュ財団が無料で公開しているプラズマ装置(フリーエネルギー装置)のブループリントを基に自作し、実験を楽しんでいます。

さて、東京電力から2月の電気消費量のお知らせ(検針票)が来ました。
2017年2月の電力消費量は-26%ダウンです\(^o^)/

 

2017年2月:502Kw(緑グラフ)
2016年2月:678Kw(赤グラフ)
前年差異:-176Kw
前年比 :-26.0% (今年-前年)/前年

ということで、今月も省エネとなりました。
2月も寒い日が多く、ホットカーペットや電気ストーブもガンガン使ったのですが、
思っていたより消費電力が伸びません。

kiha-magrav 1号機

昨年の2月はちょうど私がマグラブの製作を始め、1号機が完成し慣らし運転に入ったです。
ちなみに1号機はガンズコーティングもキャパシターもないタイプで、
ナノコーテーティングしたメインコイルのみの簡易的なものでした。
慣らし運転のとき、一気に負荷をかけすぎて途中で発熱、ケースが溶けるという事態になりました。
その後、ケースを取り替え、ゆっくり負荷をかけて21日間の慣らし運転が終了。
当時は21日間の結構大変な慣らし運転でした。
慣らし運転が終了といってもコンセント周りまでだったので、家全体の配線のプラズマ化が終了するまでにはまだ長い時間がかかります。

このマグラブは簡易的なものなので、その効果は???ですが、メインコイルを作ることができた記念すべき1号機です。

Magravに接するに当たってひとつ大切なことがあります。
それは、Magravが扱うプラズマエネルギーは3次元の物理次元だけではではなく、
5次元、さらに高次の意識とつながっていて、
私たちをさらなる高次の意識へ変容させるということです。
そして、これから目指したいという人が、それにふさわしい意識を持っている人だけが

手にすることができ、Magravと共に高次の波動の地球へアセンションすると考えています。
まだ意識的な準備のできていない人や、単に電気代だけに着目し、
対費用効果のみを追求する人は、Magravを扱うにはふさわしくありません。
思うようなMagravの効果は得られないかと思いますのでご了承ください。

私は心身ともに変動のしているとことで、激しく揺さぶられております。
アセンションに入るためのデトックスが始まった感じです。
ワークショップを開催していてのですが、訳あって一時休止させていただき、

製作代行と分別パーツ、プラズマアクセサリーの販売のみとさせて頂きます。
よろしくお願い致します。

 

●フリーエネルギー実験装置 Kiha-Magravs 製作代行
 http://www.reservestock.jp/stores/index/1802?category_id=1714

感謝!氣波 拝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です