Magrav

フリエネ倶楽部 Kiha-Magravs すばる5号完成

すばる5号が完成しました。

KIha-Magravsすばる5号
すばる5号

いつものプラケースの中にキャパシターを入れました。
今までのすばるシリーズはケースの外側にキャパシターが出ていましたが、スッキリしました。
その分、ケースの中の配線に苦労しましたが、外側は実にシンプルです。

ケッシュ財団の最新のMAGRAVはジェネレーターシステム(オフグリッドの発電機)が発表され、ブループリントもVer.1が発表されましたが、まだまだ開発途上のようです。

すばるシリーズは、ケッシュ財団のUniversal Systemに相当します。
Universal Systemは発電というよりは省エネと言った方がようのですが、私が実験してみて感じていることは、省エネよりPower Spot化(イヤシロチ化)が重要なのではなかと思います。

すばる5号は最新のUniversal Systemのブループリントに基づいて製作しています。
キャパシターの取り付け方法はプループリントのConfig-3で、電気的に一番安全な方法です。
ケッシュ財団で発売しているものはConfig-4という方法で、パフォーマンスはConfig-3より良いのですが、私はパフォーマンスより電気的な安全を重視しました。

パフォーマンスはハードウェア的に高いものに超したことはありませんが、Magravは使う人の生体エネルギーや意識で大きくパフォーマンスをが変えることができます。
地球人、特に日本人はネガティブ思考が根本にありますので、Magravを手にすることによって、ネガティブ思考からポジティブ思考へと変化するきっかけになるのではないかと思っています。

すばる5号は、冷蔵庫をつないでいるすばる2号と交換し、すばる2号はヘルスペンの共鳴装置として活躍する予定です。

続いてすばる6号を作ろうと思っています。
すばる5号は外観と性能は問題はありませんので、このままでも十分なのですが、
今計画してる製作代行をするMagravは5号をベースしようと思っています。
6号は中の配線を作りやすくキレイにする方法を模索しようと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、このへんで。
感謝!氣波 拝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です