キハのさんぽ道

稲刈り体験

heder19

先週のことですが、山梨県道志村のネイチャーランド・オムで稲刈り体験をしてきました。

5月に田植えをし、8月には蜂蜜料理を楽しんで来たところで、すっかり気に入っていましい、
密かに夏期移住計画を企んでいるところです。

今回も古民家に1泊し、

今回の食事は料理番のツーットプとして「知食の会」主宰の天海さん、「ゆらびキッチン」主催の石崎さんが同行してくれます。
キャンプ場でこのクオリティーはおかしいでしょって感じの本格的な料理を味えます。

本来は一日目が稲刈りだったのですが、あいにくの天気で翌日に順延。
201510262そのかわり一日目はよる*森*ハイキング主催の河村さんのガイドで養老の森に入り瞑想をしました。
養老の森はバカの壁で大ベストセラー作家になった養老孟司医学博士プロジュースの森で自然観察会や昆虫観察会が行われています。

森の中での瞑想は最高です。深〜〜〜いところまで行けますねぇ。

静寂の中の風の音に耳を澄ませ、心を穏やかに、無心に。
無心に・。
無心に・・。
無心に・・・。
無心に・・・・。

いつの間にか寝落ちしていました(笑。

あーーーー気持ちよかった〜〜〜。

そんなんでゆったりとした一日目、夜はまったりと秋の味覚を楽しみました。

明けて2日目。
晴天に恵まれ、いざ、稲刈りです。

ネーチャーランド・オムの企画担当でデザイナー、フォトグラファーでもある大田昌仁さんに良い写真を撮って頂いたので、私のフェイスブックのプロフィール写真とカバー写真にさせて頂きました。
ありがとうございます。

201510264

稲刈りは母の実家が農家だったので、私がまだ幼稚園ぐらいのときの記憶として薄らと記憶に残っているのですが、実際に自分が行ったのは初めてです。

黄金の稲穂に包まれていると、なんだかナウシカになったような気分で(笑。
ナウシカのイメージが変わるからやめてくれと言われそうですが、自然の恵みの中に埋もれていると何とも言えない幸福感に包まれます。

1日目の森ハイキング、2日目の稲刈りで感じた事は、人間も含めて自然の多様性の中で生きているんだなということ。
そして、持続可能であること。

持続可能な多様性からの視点で自分を振り返るとどうだろう?

バイオレゾナンス・セラピーでは健康予報から量子論や波動医学
鉄道模型からはCAD設計、電子回路エッヂング、ハンダ付け、プラスチックや金属整形。
ジオラマ作りでは立体でデフォルメデザイン。
音楽では作詞作曲、コンピューターミュージックにギター演奏。
長年仕事でやって来た高齢者介護では、おむつ交換に入浴・食事の介護、料理にレクリエーションにケアマネージメント、介護保険の認定調査。
絵手紙に水彩画、笑顔流筆文字、写真。
パソコンは自作パソコンにMacとWindowsの両刀使い。
ワード、エクセル、パワポ、アクセスも使う。
PhotoshopやWordPress、動画編集もおこなう。
スピリチュアル系では、エネルギーワークにリーディング、シータヒーリング、サイマーディクシャ。

こう見ると持続していないものもありますが、かなり多様性に富んでいます。
う〜ん、俺ってスゲー!!
スポーツ系はスキー以外は得意じゃないですが、そのほかはかなり良い線行ってますねぇ。
これらのスキルを組み合わせると、これまで誰もやってない面白いものができると思いますよ。

そんな自分を見つめるきっかけにもなった稲刈りでした。
さて、稲刈りも1週間まえのこと。後ろを振り返るのはこのへんにして、前を向を向きましょう。

素晴らしい体験が出来ました。
皆様に感謝です。ありがとうございました。

感謝!氣波 拝。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です