箱庭電氣鐵道

HO走らせたいなぁ〜

heder20

こんばんは氣波です。

このブログのタイトルは箱庭電氣鐵道なので、日本の狭い家でテーブルの上にちょこんとおいて楽しめる鉄道模型を

201503151ご紹介しているのですが、これがだんだん欲が出来まして、

大きな模型も欲しくなるんですね。

日本で一番多く楽しまれているのが「Nゲージ」といいまして、

聞いたことのある方もいらっしゃると思います。

Nゲージは、レール幅が9mmで縮尺150分の1です。

レール幅が9mm=Nine mmの頭文字をとってNゲージなんです。

次に楽しまれているのがHOゲージでレール幅が16.5mmで縮尺が80分の1です。

こちらは真鍮製で細かいところまで再現されています。

値段も1両で20〜30万円は下りません。

でも最近、プラスチック製のもの発売されるようになり、一気に1〜3万円のものも発売されるようになりました。

写真に写っているのは1万円ほどの模型です。

大きく迫力があり、模型ながら走っている音もしっかり「カタンコトン」とレールの継ぎ目の音も聞こえます。

201503152201503153ところが、大きいので狭い日本の家では

なかなか走らせることができません。

最低1畳は必要なんですね。

氣波家も模型部屋をセラピールームにした

ので走らせる場所がなくなりました。

近い将来、セラピールームを自宅の

一室から別の場所に移して

模型部屋を再建しようとたくらんでいます。いや、もしかしたらセラピールームに楽しいジオラマがインテリアとして出来るかもしれませんよ。

氣波 拝。


HO走らせたいなぁ〜” への3件のフィードバック

  1. そうだねぇ。走らせたいねぇ。。。
    やっぱ模型はデカイ方がいいよね。目も弱くなってきたし(^^;

  2. で、メガネを外す方なんだけど、出展料計算したら驚愕!の事実が・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です