キハのさんぽ道

認知症になりたい?

heder16

 

昨今TVでも話題に上がることが多い認知症の話題です。

さまざまなトラブルが起こり、社会問題になりつつあります。

Passion Ageing では、サウンズ・スキャニング・セラピーで認知症予防、介護予防を目指しています。

ちょっと前までは痴呆症と呼ばれていましたが、人権的にその表記の方法はどうなのよって

話が持ち上がりまして、認知症と改名されることなったそうです。

介護といっても幅が広いので、認知症をキーワードに進めていきますね。

さて皆さん、

認知症になりたいですか?

その前に認知症ってどんな病気か知っていますか?

認知症は病気ではなく、さまざまな病気が引き起こす症状の総称です。

病気によってさまざまな症状があらわれます。

ざっくり大まかに要約すると

物忘れが激しい。

出来ていたことが出来なくなる。

あたらしいことが覚えられない。

そんなところです。

えっ?ザックリしすぎ?

もっと詳しく知りたい方はgoogle先生に聞いてみてくださいね。

これでもか!ってぐらいHITします。

認知症になると困りますね。

症状についてはおいおいとご紹介しますが、認知症になる原因です。

それはたったひとつ。

認知症になりたいからです。

そういうと批判がたくさんおこりそうですが、

超感覚的な視点に基づいていますので、切り口がちがうだけで

目的は認知症予防、介護予防です。

ムッきた方、ご容赦ください。

家を建てることを例としましょう。

幸せになりたい!と思います。

自分が幸せになるためには、一家団欒でアットホームが家庭が欲しいと思ったとします。(※注1)

そのために理想の家を建てたいと思います。(※注2)

どんな家に住みたいかイメージします。

お金を貯めたり、ローンを組んだりします。

イメージをして設計士に頼み図面を引いてもらいます。

図面をもとに大工さんに建ててもらいます。

で、トンテンカン、トンテンカン、と数ヶ月後にやっと目の前に自分の家が表れるわけです。

時間がかかりましたが、欲しいと思った家が目の前に現れます。

この物質世界ではまず感情があり、その感情を実現させるために物理現象がついてきます。

 ですから、最初に家が欲しいと思わなければ、目の前に家が現れることはありません。

あたりまえのことですが、これが真実です。

ですから、認知症も同じです。

認知症になりたいと思ったから認知症になります。

認知症状になることによって何らかのメリットを感じるので、認知症も進んでいきます。

「認知症=悪」と考えがちですが、実は本人の望んだことが実現したのですから「悪」では

ないかもしれません。

ではなぜ認知症になりたいのでしょうか?認知症が進みたいのでしょうか?

 なぜ、物忘れをしたのか?

 なぜ、出来ていたのにやりたくないのか?

 なぜ、新しいことを覚えたくないのか?

 認知症の予防や進行を止めるのにはそこが肝心です。

そう、感情のを実現させるために物理現象が起きますからね。

続きはまた今度。

気波 拝。

 

  ※注1:幸せになるためには一家団欒がすべてではありません。

  ※注2:一家団欒のためには必ずしも持ち家が必要とは限りません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です